陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 24日

超短編小説 『図書室』

生徒たちの教室とは遠く離れ、渡り廊下の向こう。
いつも濁った池の真ん中で、だらしなく枝を垂らした
大きな柳の木の横に、その図書室はあった。
当時、勉強するためにそこを訪れる生徒などいなかった。
もっぱら読書好きの生徒たちが貸し出し本を
探すためだけだった。

中学一年の私は、その場所でときどき目にする一年先輩の
小早川さんに淡い恋心を抱いていた。
何故名前を知っているかというと、
ある日、彼が返却した本の裏にある貸し出しカードを見たからだ。

それ以来、彼の名が書き込まれている本を片っ端から読み漁った。
「2年3組・小早川篤」
名前を発見するたびに胸がドキドキした。
手にとった一冊目に彼の名を見つけると、
心の中で快哉(かいさい)を叫ぶ。
すっかり、密かな楽しいゲームになっていた。
特に、彼が借りたすぐ後に自分の名前を書くときには、
ある種の快感をも伴った。

恥ずかしがりやの私は、図書室でよく見かける彼に
声をかけることもできないまま、二年生になった。
しかし、ひと月過ぎても、三年生になった彼の姿を見ることはなかった。
しばらくして、春休み中に病死したことを知った。

6月の雨がジトジト降り続くある日の放課後。
図書室にいたのは司書の先生以外、私だけだった。
そんなとき、新しく書棚に並んだ一冊の本を見つけた。
-あっ!この本、小早川先輩が読みたい本かも‥‥。-
あらかた彼が読んだ本を読み終えてきた私は、
彼の嗜好がはっきり判るようになっていた。
その新刊本の新しく貼られた袋のなかからカードを引き抜いた。
真新しいカードの一番上には、
「6月1日・3年3組・小早川篤」とだけ記されていた。

-そんな‥ばかな‥!誰かのいたずらなんだわ!-
そう思いながらその本を抱え、薄暗くなった渡り廊下を
歩いているとき、何気なく池のほうに目を移した。
だらしなく無数の枝を垂れ下げている柳の木の下に、
背を向けて図書室を眺めている制服姿の男の子が立っていた。

by don-viajero | 2009-01-24 09:06 | 超短編小説 | Comments(0)


<< 洋書      人気者? >>