陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 29日

洋書

若いころ旅したイラン・テヘランでの出来事。
その当時、アメリカナイズされたパーレビ王朝華やかかりし時代。

夕食をとろうと一人街をぶらついていた。
突然、背後からゴツイ、髭もじゃの大男に声をかけられた。
「May I help you ?」
「Could you recommend a nice and
 not too expensive restaurant near here ?」
「O.K. Let's go !」
私はその厳(いか)ついイラン男の背を追い、
ヒョコヒョコとついて行った。
しばらくして、大通りから薄暗い路地へと入って行った。
振り向きざま、ニコっと笑みを浮かべ、
「You are pretty boy !」
-オッ!おかまだぁ~~~!やばい!!!-
踵を返すや否や全速力でホテルへ逃げ帰った。

帰国後、好んで読んだのがジャン・ジュネ。
フランス人で泥棒。しかも男娼だった男が書いた本だ。
そして、そのジャン・ジュネを評したサルトルの「聖ジュネ」も‥‥。

先日、ジョン・アップダイクが鬼籍に入った。
氏のヒット作「ウサギ」シリーズは読んだことはないが、
映画になった「イーストウィックの魔女たち」を含め四冊。

そのころは、どういうわけか洋書をよく読んだ。
アガサ・クリスティー、ジェフリー・アーチャー、サンテグ・ジュペリ、
(星の王子さまだけじゃないですよ!)1960年代テレビで異彩を
放ったシリーズ、ロッド・サーリングの「ミステリーゾーン」、
とりわけサリンジャーの「ナインストーリーズ」は秀逸短編だ。

最近読んだ洋書と言えば映画「戦場のメリークリスマス」の元になった、
L・ヴァン・デル・ポストの「影の獄にて」だけだ。
それ以前のものは、はるか昔に遡ってしまう。
もっとも、忘れたころ「星の王子さま」だけはときどき寝物語で読む。
キツネさんが言った、
「心で見なくちゃ、物事はよく見えないってことさ!
 肝心なことは、目には見えないんだよ!」最高だね!このセリフ!

久しぶりに本屋さんに足を運んで、洋書棚を覗いてみよう!

by don-viajero | 2009-01-29 20:26 | | Comments(2)
Commented by riojiji at 2009-02-16 14:48 x
「洋書」ね~~
ワタクシはほとんど読みません!
本棚を見ても「ジョン・ル・カレ」の推理小説が数冊ある程度・・・

don-viajero さん御存知の様に もっぱら時代小説を 読み漁る私です(笑)
とは言っても 最近読んでる 司馬遼太郎は いささか食傷気味・・・に陥ってます(笑)
Commented by DON VIAJERO at 2009-02-16 21:06 x
長編‥‥しかも時代ものとなれば‥‥ですネ!
かつて、私も吉川英治の「宮本武蔵」も投げ出しました(>_<)


<< 超短編小説 『会話』      超短編小説 『図書室』 >>