陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 12日

歴史物

小学生だったころは、
『源義経』や『織田信長』、『豊臣秀吉』、『徳川家康』等の
平安から戦国時代を描いた歴史人物書を、よく学校の図書館で
借りて読んだものだ。おかげで日本史は得意科目になった。
NHKの大河ドラマは時代考証がしっかりしていて、
自分の記憶と照らし合わせて観られるから楽しい。

最近、ある書評から佐江衆一著『江戸職人綺譚』の
なかにある『水明り』を読んでみた。久しぶりに手にした歴史物だ。
それ以前といえば、数年前に読んだ抱腹絶倒ものだった
清水義範著『大剣豪』まで遡る。

夜鷹(娼婦)と通りすがりで「最後の客」となった
桶師の切ない一夜の物語である。江戸職人の心意気が
なんとも気持ちよい短編だ。
因みに、佐江衆一という作家、藤田まこと主演の
『剣客商売』にときどき特別出演していたらしい。

そんな折、NHKラジオからシブくて素敵な声が流れてきた。
声の主は、ゲストとして江戸文化を語る山本一力氏であった。
その声に惚れ込み、早速アマゾンで氏の文庫本2冊(2冊で2円)を
注文した。

しかしながら、時代物はこの歳まで知らなかった言葉が
ポンポン飛び出すからやっかいだ。
それでも少なからず、それらを調べて覚えることも
楽しみの一つになるのではなかろうか。
(生憎、この本には注釈がないのだ!)

例えば「棄捐令(きえんれい)」。借金の棒引き令だ。
今のご時世、銀行からこれをやってもらえば、
喜ぶ人々は大勢いることであろう。
「幇間(ほうかん)」は太鼓持ちのこと。知らなかったなぁ!
「脇息(きょうそく)」。よく時代劇に登場する助平悪代官の
横にある肘掛け。

たまには、テレビに映るチャンバラ物ではない江戸を
ぶらり、ぶらりと散歩するのも一興であろう。

by don-viajero | 2009-03-12 21:14 | | Comments(2)
Commented by riojiji at 2009-03-14 20:15 x
「山本一力」・・
サラリーマンから 「あかね空」で直木賞。上方から江戸に出てきた
豆腐屋の夫婦の人情物語。
好きな作家の一人ですよ。
言葉も然ること、江戸マップを傍らに読む・・・お勧めです!
Commented by D at 2009-03-15 08:33 x
兎に角「お声」に惚れちゃいましたね!

当方、いささか捻くれた性格のため、〇〇受賞作なるものは、
ほとんど読みません!
かえって、〇〇候補作のほうが面白いかと・・・。

今回購入したのは『損料屋喜八郎始末控え』と
シリーズ第2弾の『赤絵の桜』です。
一話完結。これがくたびれない読み方?
確かに引きずり込まれてゆきますね!
次はどんな始末をするのやら・・ってね!
しかも、文字を追いながら、氏があの「お声」で朗読していると
想像してみると、一層オモロイでんな!


<< 運命のズレ      マイレージ >>