陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 14日

寝台列車

枕木の「ガタ~ン ゴト~ン ガタ~ン ゴト~ン」。
一定のリズムで、薄っぺらなベッドの枕を通して
聞こえてくる。まるで子守唄を聞かせるように‥‥。

初めて寝台列車に乗ったのは、
今から2年前、友人とベトナムへ行ったときだ。
ハノイの北西約240km、中国雲南省と接する
国境の町ラオカイへの往復で利用した。
上下二段づつある4人用コンパートメント。
片道約9時間の夜行列車だ。
帰りのハノイ行きでは、同室のフランス人青年と
フランス育ちのベトナム娘のアベックとで、
酒を酌み交わし、大いに盛り上がった。
次はダナンからホーチミンまでの約16時間の長旅だ。
昨年訪れたタイでもバンコク発チェンマイ行きで利用した。

若いころ乗った長距離国際列車の
ギリシャ・アテネからトルコ・イスタンブール、
トルコ・アンカラからイラン・テヘランはどちらも
コンパートメントではあったが4人用の長椅子だった。

アテネ発の列車は、同じユースに宿泊していた
日本人二人と予定が合い、私達三人。
そして一人の若いソマリア人の男だった。
夜中、ムンムンとする車内で、上半身裸になったソマリア人の、
ときおり、窓から飛び込んでくる僅かばかりの灯りに照らされ、
黒光りする肌には目を奪われるほど驚いたものだ。

最近、日本では夜行寝台列車が次々と廃止されてゆく。
残された上野発、札幌行きの『北斗星』には、
以前から一度は乗ってみたいと思っている。
しかし、如何せん料金が高い!
これでは速くて安い飛行機に、その座を奪われてしまうわけだ。
それでも、時間をゆっくり持てるようになったとき、
是非にでも乗ってみたいものだ。

暗闇のなかを疾風する車体を導く二本のレール。
それを支えている、あの枕木たちから伝わってくる
「ガタ~ン ゴト~ン」を寝物語で聞きながら‥‥。

by don-viajero | 2009-04-14 20:46 | ◆旅/全般◆ | Comments(2)
Commented by riojiji at 2009-04-21 16:37 x
まずは・・暫くお邪魔してない間に このブログもリニューアルされて
前よりも 見やすくなりましたね。

小生も以前から 日本の寝台列車は乗ってみたいと思ってましたよ。今残された「北斗星」のHPを覗いてみて(*_*)!
綺麗でんな~~(笑)そして料金が・・・・
どうですか? お互い仕事をリタイアしたら「角」でも飲みながら
ゆっくりと「北斗星」の旅に出掛けませんか・・・旅の話でもしながら。
Commented by DON VIAJERO at 2009-04-22 06:28 x
確かに見やすくなりましたよね!
ダ・ヴィンチコードの品のよさに
それを補うものがあると思い、
長いこと使用してきました。

「北斗星」あの空間で飲む酒は
べトナム安ウィスキーのようなもんでは
似合いませんよね!
まぁ、角以上ですな!


<< 予知夢      容姿 >>