陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 25日

超短編パロディ小説 『みの虫国物語』

あるところに『みの虫』の国がありました。
以前は平和で何も争いごともなかったのに、
ヨタロウ虫たちとヤイチロウ虫たちが、
国を二分していがみ合うようになってしまいました。
それというのも、どうやらヨタロウ虫の仲間のなかに、
強力な権力を握ったウルシ虫が現れたからです。
漆の毒で気に入らない虫たちを次から次へと、
問答無用にやっつけていくのでした。

そのころ、テレビではモンタという電波芸者虫が大活躍。
まるでヨタロウ虫たちの喋る広告塔のようでもあった。
しかも、彼はとりわけ『みの虫国』の中年女虫たちに、
それは、それは人気がありました。
モンタはテレビでいつもヤイチロウ虫の大沢虫は
「悪い虫だ!悪い虫だ!」と言っておりました。

ある日のこと、大沢虫の幇間(ほうかん=太鼓持ち)
である小久保虫が逮捕されてしまいました。
内緒で甘い蜜を吸っていたからでした。
そんなことは、どの虫たちも隠れて、そっとやっていることなのに、
いきなり逮捕されたのです。

さて、裁判が始まりました。
つい最近、裁判員制度を導入した『みの虫国』では、
裁判員にモンタとおばちゃん虫四匹が選ばれました。
実はおばちゃん虫たちはモンタの大ファンだったのです。
いままでなら罰金程度で済んだはずなのに、
小久保虫は禁固一年の実刑判決が下されました。

モンタとおばちゃん虫たちは大喜びしました。
そして、ウルシ虫は益々強大な権力を握り、
『みの虫国』大統領より偉くなってしまったのでした。

はたして、以前のような平和で穏やかな
『みの虫国』はいつ訪れるのでしょうか‥‥。

by don-viajero | 2009-04-25 20:20 | 超短編小説 | Comments(2)
Commented by riojiji at 2009-04-29 21:01 x
もう最高~~~!
ウルシ虫は、ほんま腹がたちますなあ!
もっと腹が立つのは、モンタという電波芸者虫!
しかし 「みの虫国」の国民は おばちゃん虫ばかりでは無い!
ってjことを 願ってやみません。
みの虫国の 善良な市民に 星三つ~~~~!
Commented by DON VIAJERO at 2009-04-30 07:03 x
星三つ!ありがとう!
モンタ君は息子の婚礼に主賓として招待したN大臣の
悪口は口が裂けても言えないでしょうね!
関空絡みのN大臣・某宗教政治団体・西松建設!
やはり、ウルシ虫の宣言通り自民には及ばないんでしょうね!
リークを流し続けた某国営放送、右に倣えのマスゴミ!
不思議なことを不思議にニュースとしないことの
ほうがよっぽど不思議な国になってしまいました。


<< 春の宵      山菜 >>