陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 14日

超短編パロディ小説 『バイリンガル』

麻生さんの奥さんが猫のタマを抱いて
散歩をしていたときです。

向こうからやってきたご近所の
小泉さんの奥さんに声をかけられました。
「お宅の太郎君、大学卒業して早々にアメリカ赴任ですってね!
 英語は結構喋れるんですか?」
「えぇ、学生時代イギリス留学していましたから‥‥。」
「そう言えば、奥様もお若いころ、
 アメリカにいらしたんですよね!今でも喋れますか?」
「まぁ、少しぐらいの会話でしたら‥‥。」
「あっ、そうそう、旦那さんも長いこと
 ドイツにお勤めしていてドイツ語が堪能でしたわよね!
 お宅は家族揃ってバイリンガルなんですね!
 羨ましいわ!」
「それほどでもありませんことよ!ホッホッホッ!
 さぁ、タマ、おうちへ帰りましょう!」
そう言うと、麻生さんの奥さんに抱かれていた猫が、
「ワン!」と吼えた。

麻生さんの奥さんが立ち去った後、
呆気にとられていた小泉さんの奥さんは、
鴻池の奥さんとバッタリ!
「ねぇ、ねぇ!鴻池の奥様!麻生さんのお宅って、
 皆さんバイリンガルなんですってよ!」
「でもねぇ~、小泉さんの奥様!ここだけの話!
 あの方たちって中学漢字が読めないんですってよ!」
 いやぁねぇ~!」
「そう言えば、最近お宅の旦那さんが元気に熱海へ行ったのに、
 入院したんだって言ってましたわよ!」
「あの方たち、日本語までもバイリンガルされるんですわね!」
「‥‥???}

by don-viajero | 2009-05-14 21:21 | 超短編小説 | Comments(2)
Commented by riojiji at 2009-06-04 17:46 x
「みの虫国」に続く 第二弾!
麻生さんの奥さんも、小泉さんの奥さんも、鴻池の奥さんも
本日もきっと とんちんかんな会話してるんでしょうな~~(笑)

「バイリンガル」の人達って 二つの「脳」があるんだって。この間
ラジオで聞きました。この奥様たちの旦那さんは 今持ってる「脳みそ」も腐ってるので どうしようもありませんがね!
Commented by DON VIAJERO at 2009-06-04 20:24 x
あのお方のオツムは「西松」しかないようですね!
漆間に洗脳でもされているのかな?
「世間で一番関心があるのは・・・」
なんで「バラマキ・オバカ」がいつまでも
総理大臣しているの??????

じゃないかな!


<< 著莪(シャガ)      お洒落 >>