陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 28日

『湖』

真っ暗闇のなかに放り出されたように、
そこがどこなのか皆目解らなかった。

目が慣れるに従い、
おおよその概観を把握できた。

物音一つしない、静寂に包まれた湖。
その湖畔にぼんやり立っていた。

はるか向こう岸にある黒い塊のような山が、
鏡のように凪いだ水面(みなも)に映し出されている。

湖を覆うブルーなモノトーンが、
徐々に明度を増してゆく。

いまだにすべてが止まっているかのようだ。
突然、生ぬるい風が頬を撫でた。

一艘の手漕ぎ舟がこちらに向かって、
舐めるように湖面を滑ってくる。

被り笠の下から尉面(じょうめん)のような
顔をした古老が低い声で言った。
「お待ちしておりました‥‥」

湖に背を向け、踵を返し夢中で走った。
右足を前へ、左足を前へ‥‥。
足の裏が地面に吸い込まれるようで上手く動かせない。
もがく。そしてまたもがく。兎に角もがく‥‥。

目を覚ますとタオルケットが足に絡みつき、
ブルーのカーテンの隙間から朝日が零れていた。


*尉面‥‥老翁の相をあらわす能面。

by don-viajero | 2009-05-28 20:12 | | Comments(0)


<< ラッシュライフ      自由俳句 >>