陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 05日

東京大学

ウズベキスタン・サマルカンド発タシケント行きの
長距離バス(6H/約400円)は、出発間際には
ほぼ満員になっていた。停車するたびに大きな荷を抱えて
乗り込んでくる人々で、首都タシケントに着くころには、
身動きできないぐらい混んでいた。
バスは終点・タシケント国際空港に到着。
いつものように最後尾に坐っていた私は最後に降りた。

下車してウロウロしている乗客のなかから、
一人の若い娘(こ)に声をかけられた。
瞬きをするたびに、風でも起こしそうな大きな目をした
チャーミングな女の子だった。
「日本人のかたですか?」
「そうですが‥‥。」久しぶりに交わした日本語だった。
そういえば、サマルカンドのレギスタン広場でチラッと
見かけた人だった。一人で歩いていた。
-ひょっとして、日本人かな?-そのときには、そう思った。

「ホテルはどこですか?」
「サヨハットホテルです。」
「それなら私と同じです。」
「じゃぁ、白タクでも捕まえて一緒に行こうか?」
「私、地下鉄の乗り方知っていますから地下鉄で行きましょう!」
タシケント市内の観光をバスか地下鉄かで迷っていた私には、
その乗り方を経験することは願ってもないことであった。
(一乗車・10/Cスム=約7円。どこで降りても同一料金)

車内ではいろいろなことを訊ねてみた。
「何故、女の子一人だけでのウズベキスタンなの?」
「この国に一緒に来てくれるような友だちがいなかったから‥。」
「学生さんかい?」
「卒業旅行で、外務省に内定しているの!」
彼女の大学がどこなのかは推して知るべしだったのだが、
「どこの大学?」愚問だった。返ってきたのは案の定、東京大学。
-現役東大生!しかもチャーミングな女子大生!!-
少しばかり奇妙な興奮を覚えたことを記憶している。
ホテルで休息をとったあと、近くのレストランで
夕食を共にした。そこで、帰国便が同じであることも分かった。

搭乗口近くにあるたった二つの小さな免税店は、
田舎の駄菓子屋のような粗末なガラスのショーケースに
申し訳程度の品物があるだけで、その狭い空間には、
場違いな壊れかけた、明らかに安物の椅子が並んでいる。
ソウルへ電器製品の買出しにでも行くだろう
厳(いか)つい男どもで埋まっている。
そんな椅子にもたれかけながらウトウトしていたときだ。
「Mさぁ~~~~ん!」
驚いて、周りのみんなが振り向くような大声は、
狭い待合室の汚れてくすんだ壁に響き渡った。

もう二度とあんな大きな声で自分の名を、
しかも、現役東大女学生から呼ばれることはないだろう‥‥。

by don-viajero | 2009-07-05 07:41 | ◆旅/全般◆ | Comments(2)
Commented by riojiji at 2009-07-12 21:10 x
へ~~~そんな出会いがあったんだ。ウズベクの旅話は帰国してから聞いたけど 初耳で~~~す。

ウズベキスタン、キルギス、タジキスタン・・・西トルキスタンも魅力ある国々ですね。
中央アジア・・パミールを境に東と西に分かれるトルキスタン。
その東トルキスタンに属するウイグル自治区・・・
今 問題の地域!中国政府は寛容な心を持って欲しいものです。
Commented by DON VIAJERO at 2009-07-13 06:31 x
古来、旅人が自由に往来できた西域。
抑圧がすべてを狂わせてしまう!
それは、現在や未来にそこを旅しようとしている人々をも
拒絶するようになってしまう。


<< 韓国      絶叫 >>