陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 08日

グアテマラ・Ⅱ【ティカル遺跡】

2/20(土) 霧後晴れ
5時少し前、パンパ~ンとものすごい音で目を覚ます。
ホテルの近くの崖でも崩れ落ちたのかと飛び起きる。
しばらくすると再び同じ音。爆竹だと判る。
ちょうどよい目覚ましだった。あのままだと6時の便に
乗り過ごすところだった。
6時前、ホテルの前にミニバスが到着。途中、他のホテルを
巡り、ドイツ人二人、スペイン人三人、計五人を拾う。
窓の外は薄い霧がまいている。一時間ほどでティカルに着く。
駐車場からは、やはり一時間おきに帰りのミニバスが出ている
とのこと。
熱帯ジャングルの中にあるマヤ最大の遺跡だ。
入口で地図をもらい、道順通り進むと突然霧の中から
でっかい神殿(Ⅰ号神殿の裏側)が現れる。
f0140209_203729.jpg

道なりに回りこむと広場に出た。グラン・プラザだ。
Ⅰ号神殿の階段は崩壊しているので登る事はできない。
対になっているⅡ号神殿の上部にはすでに数人の観光客がいる。
狭くて急な階段、下りはさぞやおっかないだろう。
f0140209_2011421.jpg

上では狸の顔を細くしたような動物(ハナアナグマ‥現地語で
アルディーア)に外人さんたちがパンを与えている。
f0140209_20161289.jpg

そこへ日本人の女の娘が一人登ってきた。
アンティグアのスペイン語学校に通っているという野崎さん。
彼女からいろいろな情報を聞き出す。
やはり、グアテマラ・シティはかなりヤバイらしい。できることなら
素通りしたほうがいいらしい。
もし逢えたら、アンティグアでまた逢いましょうということで、
ここでバイバイ。再び神殿巡り。どの神殿も急な階段なのだが、
その下から見上げると、どうしても上まで登りたくなってしまう。
Ⅳ号神殿の頂上からは突き出たⅠ号神殿、Ⅱ号神殿、Ⅲ号神殿が
樹海の中から浮かびあがる。
f0140209_20304180.jpg

ジャングルを吹き渡る風が心地よく頬を撫でる。
よくぞ、熱帯の旺盛な植物に蹂躙され、緑の海に埋没してしまった
これら神殿群を発見できたものだと、ただただ感心する。
10時ごろには霧もすっかり晴れ上がり、くそ暑くなる。まるで夏だ。
空はアルティプラーノの青、そのものだ。
f0140209_2057983.jpg

               Ⅰ号神殿
f0140209_2058447.jpg

               Ⅱ号神殿
f0140209_2059922.jpg

             ノース・アクロポリス
f0140209_20595549.jpg

              ティカルの地図

1時ごろ、遅い昼食を駐車場近くにあるコメドール(安食堂)でとる。
なんと、その店で再び野崎さんと出くわす。
一人冷えたセルベッサを優雅に飲んでいる場合ではない。
このままフローレスからシティに飛行機で帰るという
彼女にもセルベッサを奢ってやる。
2時、フローレス行きのミニバスに乗る。
フローレスの対岸の街・サンタエレーナで降り、明日の夜行便の
バス会社をあたる。しかし、クソ暑い。30℃以上はあるだろうか?
一社だけチキムラ行きのバスがあったのだが夜行便ではなく
AM6:00発のみ。ホテルへ帰ってから考えようと、半ば
夢遊病者のようにフラついて歩いていると、一人の青年に
声をかけられ、どこへ行きたいのか訊ねられる。
彼はサンファンというエージェンシーへ私を連れて行ってくれた。
それもそのはず、彼はここの社員だったのだ。
シティ行き20:30発、デラックスバス、150Q≒2100円。
私は途中、リ・オンドで降りるから、まけてくれと交渉したのだが、
駄目。少し高いがしようがない。これしかないのだから‥‥。
予約を済ませ、ホテルへ帰り、シャワー。昨夜、稼動しなかった
エアコンを直してもらい、一眠り。
6時ごろ、明日のセイバル遺跡行きのツァー($25)をカウンターで
申し込み、カルラとエディルマのお嬢様方と記念写真。
f0140209_21133630.jpg

今夜の食事はどこにしようか迷っていると、ブラついている
足は昨夜のレストランへと向かっていた。しかし、
その途中にあったレストランを覗き、エンチ・ラーダスが
できるか訊ねるとできるというのでここに決める。
早速、セルベッサ。なんとグラスまで冷えているではないか!
超感激!!!美味しいビールに美味しい食事。お腹一杯!
昨夜のスーパーで缶ビールを買い、シャワーを浴び、カンパイ!
一日中、炎天下の下、歩き回っていたのでクタクタだ。
8時にはベッドに入り込む。おやすみ‥‥。
f0140209_21123724.jpg

                エンチラーダス

by don-viajero | 2009-10-08 21:15 | Guatemala/Honduras | Comments(2)
Commented by パーチ at 2009-10-08 22:56 x
久しぶりに覗いてみたら綺麗な写真にビックリ!
さすが元写真部。
スケベオヤジの写真は余計かもしれないけど。
オレも海外旅行をしたいけど、子育て手当の対象外の娘が3人もいると当分は無理かな?
しかし、我が家の次女は先日、カンボジヤ旅行に行ってきやがった。
しかも彼氏と・・・・。
Commented by DON VIAJERO at 2009-10-09 06:35 x
お褒めに与り、ありがとうございます。
娘三人もいると親父としては心配の種がつきませんね!
アンコール・ワット。私がいままで訪れた世界遺産のなかで、
一番観光客がたくさんいたところです。
もう親と行く海外ではなく、彼氏=男と行く歳なんですね(笑)
あのおとなしかった次女の青春を謳歌している姿が
見えるようです・・・。
子どもたちもそれぞれになると数は多くなるだろうが
再び一緒に旅するときが来ることでしょう・・。


<< グアテマラ・Ⅲ【セイバル遺跡】      グアテマラ・Ⅰ >>