陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 19日

グアテマラ・Ⅶ【トドス土曜市⇒パナハッチェル】

「クチュマタン」とはマム語で山脈のこと。
「トドス・サントス・クチュマタン」は「神々の住む山々」を意味する。
両脇に標高2400m級のクチュマタン山脈を眺めながら、
ウエウエテナンゴからゴトゴト、バスでひた走ると、山あいにある
先住民マム族の村に着く。土曜日はメルカドの日で、周辺の村々
からも様々な民族衣装を着た人々が大勢集まり、静かな村が
一転、色鮮やかに活気をみせる。

2/26(土) 快晴
寒さのため、眼が覚める。ジャケットを着込み、テクコントゥンの
丘まで登る。7時ごろクチュマタンの山々の背後から陽が昇る。
トドスの村にもボチボチ陽が差し込んでくる。
市に向け人々が集まり出し、花火まで打ち上がっている。
この村の男たちの服装はユニークだ。みんなが並んでいると、
それこそ楽器でも持たせれば、ディキシージャズでもやり始める
のではないかと思うようないでたちだ。しかも、彼らは
せっせ、せっせと鈎針を動かしながら何やら編み物をしている。
子どもたちを写真に収めようと、持参した使いかけのカラーペンを
あげ、撮らせてもらう。子供たちの笑顔が一番だ。
f0140209_2022223.jpg

f0140209_2033567.jpg

12時にはウエウエ行きが出るというので公園の広場で市で賑わう
人々を観察する。
f0140209_20554661.jpg

f0140209_2072112.jpg

11時過ぎ少し前にバスが来たのですぐに乗り込む。
10分もしないうちに一杯だ。本数が少ないからだろう。このまま
強行してパナハッチェルまで行くことにする。二時間ほどで
ウエウエ着。すぐにシェラ行きに乗り換え。クアトロ着2:30。
またまたすぐさま、シティ行きに乗り込む。あ~忙しい、忙しい。
このバスも乗客で一杯だ。しかたなく前へ乗る。いままでで一番
慎重な運ちゃんだ。安心。ロス・エンク・エントロスには5時ごろ着く。
少しばかり離れたバス停からパナ行きに乗る。といってもソロスの
街でまたしても乗り換え。薄暗くなった6時少し前にパナの街に
ようやく到着。外人さん(私もそうなのだが‥‥)がたくさんブラついて
いる。観光地といった感じだ。目当てのホテルはすぐに判ったが、
工事中のため閉鎖。このホテルの前に立っていた人に、他を紹介
されたのだが、ここも満室で駄目。再び、同程度の宿を紹介され、
入ってみると、トイレが汚く、臭い。ここは断り、近くのホテルを
覗いてみる。平屋で、中庭には花々が咲き、小奇麗な宿だ。しかも、
ツインをシングル料金でよいと言われここに決める。(一泊60Q)
すでに7時をまわり、辺りはすっかり暗くなっていた。腹はグーグー。
シャワーを浴び、イルミネーションの輝くレストランに飛び込むと
名物料理「ペスカド・アラ・パンチャ」ができるというので、とりあえず、
セルベッサ。グラスともよく冷えており、グッグッと一本空けてしまう。
久々の魚料理。とても美味しい。計三本もセルベッサを空けてしまう。
超豪華な夕食だった。(計80Q=1120円)帰り道は千鳥足でフラフラ。
ホテルの前にスーパーがあることも確認。
再びシャワーを浴び、バタ~ン・キュ~である。9時。
f0140209_20345498.jpg

               ペスカド・アラ・パンチャ
(アティトラン湖特産の白身魚・ベジタブル・アボガド・ライス・
  チキンスープ・バター付パン)

by don-viajero | 2009-10-19 20:51 | Guatemala/Honduras | Comments(0)


<< グアテマラ・Ⅷ【パナハッチェル】      グアテマラ・Ⅵ【サンフランシス... >>