陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 31日

「ありがとう」

英語で「サンキュー」、スペイン語は「グラシアス」、
フランス語「メルシー」、韓国語「カムサハムニダ」、
中国語「シィェシィェ」、アラビア語「シュクラヌ」、
ロシア語「スパスィーパ」、ベトナム語「カムオン」、
タイ語「コープクン」、ポルトガル語「オブリガード」‥‥。

外国へ行って何度も口にした「ありがとう」。
でも、今、国内でこの言葉を素直に言う人が少なくなって
きたのではないだろうか?
人の好意を当たり前のように思い、感謝する気持ちが
失せているのだろうか?

イエメンの首都・サヌア近郊にあるワディ・ダハール。
この街を見下ろす岩山の上で、毎週金曜日に催される
「ジャンビーアダンス」を見に行った。
ジャンビーアとは、イエメン男子が一人前の男の証しとして、
持ち歩いている半月刀のことだ。
これを振りかざして、太鼓の音に合わせて踊る。
丘の上では複数の輪ができる。
見物人のおっちゃんからジャンビーアを借り受け、
飛び入り参加した私は、取り囲む者たちからの指笛を背に、
見よう見まねで踊り続けた。
f0140209_905441.jpg

陽も傾き、三々五々輪が解け出し、帰り支度に入る。
私は一人、トボトボ2キロ先にあるバスターミナルに向かって
歩いていた。背後からけたたましく鳴らされるクラクション。
振り向けば、ランドクルーザーに鈴なりにしがみ付く男たち。
運転手はあのおっちゃんだった。みんなに招かれる。
わずかに空いた隙間に手をかけ、お礼を繰り返す。
「シュクラヌ」「シュクラヌ」‥‥。
「アンタの踊りは良かったぞ!」
口々に投げかけられる言葉は、そんなふうに耳を捉えた。
「イエメン!シュクラヌ!」「イエメニィ!シュクラヌ!」
砂埃を含んだ風は、爽やかに頬を撫で、心までも優しく包んでくれた。

万人に笑みをもたらす「ありがとう」。
言ってうれしい。言われてうれしい。
決して忘れてはならない言葉である。

万感交到り、今年度最後の一言「親父!ありがとう!」

by don-viajero | 2009-12-31 09:12 | ◆旅/全般◆ | Comments(2)
Commented by riojiji at 2009-12-31 16:53 x
イエメンでの旅の一コマ。目に浮かびます・・・
良い話ですね。
don-viajero さんが踊りの輪の中に 入って行ったってのは
笑いながら 肯く私でした・・

それでゃ ワタクシメも今年度最後の一言
「陽気なイエスタデイ、来年も楽しませて下さいね。ありがとう!」
Commented by DON VIAJERO at 2010-01-01 11:14 x
今年もよろしく!m(_ _)m


<< 33年前の今日‥      節目 >>