陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 02日

ポルトガル・Ⅴ 『エヴォラ』

冷たく、重い雨に悩まされたポルトであったが、コインブラへ
向かう高速バスの車窓から、厚い雲間をこじ開けるように、
僅かに青い部分が顔を出し始めた。ほんの数分ではあったが、
ポルトガルで初めて見た青空だった。
快調に走る高速道路からは、これからしばらくの好天を約束
してくれるような予感さえ伺うことが出来た。

コインブラからアレンテージョ地方の内陸部を貫く高速道路を
快適に飛ばす高速バス(4.5H/€15.8)は、緩やかな起伏の
丘陵地帯を、コルク樫とオリーブの木々が行儀よく並び、
大地に広がる眩(まばゆ)い緑の芝を輝かせ、その景色を
両脇に流してゆく。
f0140209_2073798.jpg

そんな緑の風景のなかにある、ローマ時代の城壁に囲まれた街、
それがエヴォラだ。ローマ、イスラム、キリスト教、それぞれの
時代を物語る建造物が、人々が暮らすひとつの城壁のなかに
混然と同居している。
f0140209_20134480.jpg

≪2~3世紀にかけてローマ人によって造られたディアナ神殿(ライトアップ)≫
f0140209_20164392.jpg

      ≪城壁の外へと続く水道橋≫

ここでの一番の見所は、サン・フランシスコ教会にある人骨堂だ。
いわゆるカタコンベ。ペルー・リマにある同名の教会の壁に、
無造作に詰め込められた2万5千体ものシャレコウベを観て以来だ。
他にも訪れる価値のあるものはたくさんあるが、半日もあれば
ゆっくりと観て回れる。
f0140209_20213492.jpg

     ≪サン・フランシスコ教会の人骨堂・およそ五千体≫
壁に埋め込まれた頭蓋骨のなかに吊るされた大人と子どもの人骨

計画では、この街を拠点に52km先のスペイン国境近くにある、
ポルトガルで最も美しい村のひとつに数えられるモンサラーシュへの
往復を考えていた。
日本でこの間のバス時刻表をネットで調べても、なかなかいい便が
なかったので、現地であたってみるつもりでいた。しかし、、
インフォメーションで訊ねたところ、やはり、その日に帰れる
バスはなく、インフォの隣にあるツァー会社が扱っていると
言う返答だった。そこで、その会社を訪れて訊いみたが、
今はオフシーズンで人が集まらないので、個人は扱わないという、
何ともつれない返事だった。
そのため、三日滞在予定のこの街を一泊で済ませ、その分、
リスボアに充てたのだった。

*:画像をクリックすれば大きくなります。

by don-viajero | 2010-02-02 20:46 | Portugal | Comments(0)


<< ポルトガル・Ⅵ 『マルヴァオン』      ポルトガル・Ⅳ 『メイア・ドーゼⅡ』 >>