陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 20日

買う目的ではあるが、スーパーを覗くのが好きだ。
特に、このあたりで一番最近できた大型スーパーは、
エスニック商品を豊富に置いてある。

東南アジアのものからインド、中東、南米、メキシコetc。
多彩な品揃えだ。
メキシコから帰ってきてからのしばらくは、タコスに嵌り
この店で食材を購入して、よく作ったものだ。

海外へ行っても、スーパーによく立ち寄る。
もちろん、お気に入りのものがあれば買う。
日本とは違った食材の並ぶ店内は、時間つぶしに
歩き回っても、その国の食文化を垣間見ることができる。
もっとも、スーパーすらない国では、活気のある
市場をぶらつく。店子(たなこ)との掛け合いが楽しい。

モロッコ/マラケシュのスーク(市場)でマギーの「ハリラスープ」
6袋(当時一袋約100円)購入した。
帰国後、このスープに合挽き肉を入れて食べた。
ラマダンに入り、一日の断食が終わり、拡声器から流れる
「アッザハーン」の合図で、空きっ腹に流し込む熱々のハリラの
なんと美味しかったことか!

ブルガリア/ヴェルコ・タルノボのスーパーでは、素焼きの入れ物に
入ったヨーグルトを見つけた。
フィルムのプラスチック容器に入れ持ち込んだ(成田で見つかれば
没収だったが‥)。
菌を増やし、いまでも冷凍保存してある。
キューリと胡桃を混ぜて作る「スネジャンカ(白雪姫)」
ときおり、酒のつまみにしている。
普段、食べているカスピ海ヨーグルトより酸味の強いブルガリア
ヨーグルトのほうが、この料理に合っているから不思議だ。

今回、ポルトガルではやはり、スーパーでクノールの
「Creme de Marisco」を2個(一個二袋入り)購入した。
これは魚介類のスープで、冷凍のイカ・エビ・ホタテのパックを
解凍後、一緒に煮込めば本場のスープを味わえること間違いなし!

旅は、各地の「食」も重要な楽しみでもある。

by don-viajero | 2010-05-20 20:35 | ◆旅/全般◆ | Comments(0)


<< 快走      「ワンス・アポン・ア・タイム」 >>