陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 30日

山小屋

屏風で滑落してから、学校へ、通院と、梅雨時の
鬱陶しさも手伝い、引きずる足を恨めしく思いながら、
悶々とした日々を過ごしていたときだ。

下宿先に山岳部の先輩U氏から電話が入った。
「おい!お前、屏風で落ったんだってな!
 どうせ夏になってもガンガン登れないんだから、
 山小屋でアルバイトでもしないか?」
U氏が町営の山小屋で、小屋番の責任者をしていることは
予てから知っていた。
「どうして知っているんですか‥‥?
 まぁ、そんなことはどうでもいいや‥‥。
 やらしてもらいますか?」
「頼むよ!休みに入ったら直ぐに登って来い!
 それから、あと二人、アルバイトを探してくれないか?
 あっ!もう一つ、小屋へ来るとき、スイカの土産も頼むよ!」
「はい、解りました。なんとか二人、探してみます!」
「それじゃぁ、よろしくな!期待しているぞ!」

そのころになると膝の調子もほとんど治り、普通の山行には
支障がなかったのだが、ザックの中の丸いスイカの納まりは、
如何ともし難いものだった。

小屋で働いているメンバーの何人かは顔見知りだった。
ところがである。スイカを差し出したときのみんなの笑顔を
思い描きながら登って来た私を待っていたのは、厨房の
大テーブルにドカ~ンと鎮座したもう一つのスイカ玉だった。
前日、小屋に入った「フチュウのヨーコ」(あの頃『港のヨーコ・
ヨコハマ・ヨコスカ』が流行っていたので‥)という女性の
土産物だった。そのとき、この御方が私の義姉になるなんてことは、
夢想だにしなかったのだが‥‥。

後日登って来たアルバイト要員の写真部の後輩二人がタバスコを
買ってくるよう頼まれた。彼らが麓の農協で購入したときの会話は、
その夏中大笑いの種だった。
「タバスコ、どこにありますか?」
「なにぃ‥‥?タバスコ‥‥?剣ズコかい?角ズコかい?
 どんなスコップだい???」

by don-viajero | 2010-05-30 19:40 | | Comments(0)


<< 写真部      秘密基地/番外編 >>