陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 20日

想い出

想い出を語るとき、そこに描かれているものは、
辛うじて関連したものがアルバムに残されていれば
別ではあるが、ほとんどはセピア色のものでしかない。
白黒写真しかない遥かに昔のことであれば、とうに
色褪せてもいる。

ただ、いくつかの思いを浮かべるとき、一瞬ではあるが
鮮やかに色付けられるものもあることも確かだ。
それが楽しいものであれ、哀しいものであれ‥‥。

年々不具合の増していく、軸のゆがんだ荷車のような
脳みその奥に、そこだけ少しも老いることのない無防備で
柔らかな部分が残されていることに気付く。

「陽気なイエスタデイ」の記憶ばかりが甦ってくるわけ
ではない。相前後しての記憶も引き起こされる。
なかには、当然もどかしいような、息苦しいような、
ざらついたものもある。

「楽しい想い出」、「哀しい思い出」、「中間の想い出」。
そんな整理整頓していると思っている引き出しの
「楽しい想い出」ばかり開けてはいない。
「哀しい想い出」に分類されている引き出しを、ちょっと
引っ張り出しては覗き、引っ込めているだけだ。

大滝詠一の「君は天然色」のフレーズではないが、
総じて大部分の「想い出はモノクローム 色をつけてくれ!」
と叫びたくなる‥‥。


by don-viajero | 2010-07-20 21:02 | エッセー | Comments(0)


<< 猛暑      千里浜 >>