陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 28日

悪戯・山編Ⅰ

若いころは様々な悪戯をした。
特に山では、その行為が「犯罪」と言われても致し方ない
ことまでやった。
そこで、いまとなっては当然時効であろう山での想い出
深いものを二つ紹介しよう。

山岳同人『餓鬼』を結成して二回目の山行は
冬山と変わりない3月初旬~中旬の北鎌尾根。

一回目の山行で膝を痛めたN氏だけ日を空けて
横尾小屋サポートに回り、残りの三人で決行。
基本的に宿泊は雪洞と決めていたので、3人用の
ツェルトを持参しただけだった。

葛温泉でバスを降り、9時少し前歩き始め、降りしきる
雪の中、湯俣・晴嵐荘(冬季閉鎖)手前の第五発電所に
3時ごろ到着。貯水池横にある三坪ほどの小さな小屋の
窓が開いたので中へ入った。
床には小さな石油ストーブが置かれ、テーブルの真ん中には
で~んと封を開けられたばかりのウィスキーのダブル瓶。
棚には数種の缶詰。目を移せばロフトには布団まである。
誰も異議を唱える者はいなかった。

荷を解き、早速宴会だ。10時ごろにはウィスキーも空っぽ。
翌朝は三人とも二日酔いで頭がガンガン。
幸運にも外は雨交じりの雪。停滞を決め込む。
将棋もトランプも花札も漫画本まであり、退屈すること
なく過ごすことができた。

晴天の朝を迎え、居心地の良かった我々が「湯俣ホテル」と
名付けた小屋とも別れ、気持ちを新たに千天出会いから
派生する北鎌尾根に取り付いた。

1日目:葛→湯俣  2日目:停滞  3日目:湯俣→
千天出会い→北鎌尾根P2直下雪洞  4日目:P2→
北鎌のコル雪洞  5日目:北鎌のコル→独標→北鎌平雪洞
6日目:北鎌平→槍ヶ岳→横尾冬期小屋N氏と合流
7日目:横尾冬期小屋→上高地→沢渡

f0140209_2184813.jpg

               雪壁?
f0140209_2195923.jpg

                独標

by don-viajero | 2010-07-28 21:14 | | Comments(0)


<< 悪戯・山編Ⅱ      早朝ラン >>