陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 30日

悪戯・山編Ⅱ

山岳同人『餓鬼』を結成してから数ヵ月後の7月末、
初めての新人S君が加入した。Y氏たちS大学の後輩で、
彼を迎えて新人合宿をやることになった。
参加したのは初期メンバーK氏を除いた我々三人とS君。

1日目:上高地BC→槍沢・赤沢岩小屋テンバ
2日目:赤沢岩小屋→小槍→横尾尾根→横尾右俣テンバ
3日目:横尾右俣テンバ→徳沢
4日目:徳沢→上高地BC
5日目:私とN氏で焼岳往復 Y氏とS君はBCで休養
6日目:BC→コブ尾根→BC
     打ち上げ(五千尺ロッジのY姉から差し入れあり)

一泊目のテンバには、我々の他に少し離れた場所に女の子
二人パーティーがテンパっていた。朝方、まだ暗いうちに
ガサコソ五月蠅い音に目を覚ます。テントの入口をそ~っと
開けてみると、隣りのテントを一頭の大きな熊がゴソゴソ
突っついているではないか!N氏が大声をあげ追い払う。
やはり、女の子の持ってくる食料と我々とでは、熊も簡単に
旨い物の判別ができるのだろうか‥‥。
f0140209_20474834.jpg

                 小槍

三日目の横尾右俣は、尾根を一つ隔てた涸沢に引けをとらぬ
ほど豊富な残雪があり、お花畑に囲まれたテンバにはたった
一張りのテント。夜空に瞬く満天の星が、我々だけに降り
注いでいるかのような別天地である。翌日、新人S君の
雪上訓練。朝から昼までみっちりこなす。1時下山。
f0140209_2048381.jpg

               横尾右俣
                 
明らかに疲れの見え始めたS君のため、徳沢にテントを張る。
夕食の準備も終え、
「S君!俺たち、飯前にちょっと川ざらいに行ってくるわ!」
「川ざらいって‥‥、な、なんですか???
 しかもこんなに暗くなってから‥‥。」
「そうだよ!暗くなったほうがいいんだよ!」
それから10分もしないうちにテントに戻ってきた我々、
「おい!川ざらいのお土産だぞ!」
そう言って、梓川の冷水に冷やされた缶ビール3本、缶ジュース
5本、果物etc‥‥。
キョトンとしているS君の前に突き出したのだった。

by don-viajero | 2010-07-30 20:37 | | Comments(0)


<< 奇妙な物語      悪戯・山編Ⅰ >>