陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 31日

晩秋ラン

朝、確認したヤフーのピンポイント天気予報では、
午前中どっ晴れで、気温も10℃を越えていた‥‥。
パッチワークを貼り付けたような、紅葉に染まる山々を
眺めながらの爽快なランニングになるはずだった‥‥。

家を出るときには、ポツリポツリ少しばかり落ち
出していた。寒くないのに、白い綿を纏ったような
小さな雪虫が舞っている。
走り始めてしばらくすると、体がやけに軽く感じる。
-少し遠回りでもするか‥‥?-

霧に噎ぶ高原のように、雲が山裾まで迫っていた。
次第に暗くなってきた空は小糠雨に変わり、本格的な
雨へと移っていった。

しとしととアスファルトを濡らす水滴と同様に、
晩秋を迎えた通りには、擦れ違う車の音以外、
静かな時間だけが過ぎ、ピシャピシャと地面を蹴る
音だけが後ろに流れてゆく。

ウェアーはびしょ濡れになり、被っている帽子の
ツバから落ちる雫は、額を伝う汗よりも多くなってきた。
雨のなかでのランニングは初めてだ。
捲し上げた腕に当たる雨粒に冷たさの感触を覚えた
ぐらいで、寒気はなかった。それよりか体の軽さのほうが
走ることを楽しんでいる。
いつものコースを外れ、2㌔ほど余計に走った。

帰路に向う途中小雨になり、山にかかっている雲が
明るさを増し、白んできた。

最後の100mほどの上り。下を向き、歯を
食いしばってのラストダッシュ後、息の弾む顔を
上げると、パッと一箇所だけ雲が裂け、陽の光が
山の紅葉を鮮やかに照らしていた。

by don-viajero | 2010-10-31 16:51 | Run | Comments(0)


<< 初冬      記憶・Ⅲ >>