陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 05日

初冬

浮かぶ雲一つなく、抜けるような静かな青空の
なかを走り出した。
-体が重い!-

先週の日曜、風が強く、しかも突然小さな仕事が
入ったこともあり、ランニングを中止した。
帳尻合わせに別の日にと思っていたのだが、
忙しくてそんな間がなかった。二週間振りになる。
吐き出す息や前に運ぶ足に疲れが滲む‥‥。

それでも数キロ走ったころから、キンと冷え込んだ
空気が肺の隅々まで冷やしてくれ、飛び込んでくる
すばらしい景色が、いつもの快調な走りを
取り戻してくれた。

無風の空気は、僅かではあるが徐々に温まり
始めたものの、静かな田舎道をスピードを上げて
擦れ違う車の残した風は、全身をブルっとさせる
冷たさがある。

春からずっと楽しませてくれていた畑の花々は
何もなくなり、道端には枯れ色のススキや
ネコジャラシたちが、賑やかにすっくと立っている。

お気に入りの林間コースでは、すっかり裸になって
しまった木々が、弱々しい光に照らされ、骨のように
交錯してアスファルトの上に影を落としている。

12月に入って、金曜に雨が降った以外、安曇野は
清廉(せいれん)な青空を提供している。
南側に面した田んぼの土手に、可愛らしい二つの
西洋タンポポを見つけた。

暖かな初冬の陽に照らされ、精一杯黄色に輝いていた。

by don-viajero | 2010-12-05 15:14 | Run | Comments(0)


<< 『あの歌がきこえる』      柊・朴葉 >>