陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 12日

誘(いざな)い

ランニングは感性を研ぎ澄まし、読書は五感を
刺激させる。そして、旅は未知への誘いである。

次回の旅の目的地をキューバと決めて、早速
購入したのが、いつものように『地球の歩き方』
だった。初期のころは『地球の迷い方』と揶揄
されていたこのガイドブックも、読者からの投稿
などで、だいぶ情報の掲載量も充実してきた。

しかし、『カリブの海の島々』の題名の通り、
キューバがただのリゾート地として括られており、
宿は高級ホテル、レストランも如何にも高そうな店しか
載っていない。そのため、今回はかなりハードに
ネットを駆使して情報を集めざるをえなかった。

そんなとき出会ったのが『旅行人』だ。
この雑誌、やはり『地球の歩き方・ドバイとアラビア
半島の国々』のなかで、少々ぞんざいに扱われていた
イエメン行きのときにも購入した。

歳を重ねるにつれ、保守的になる。
若かったころのように、少しの情報だけで飛び込んで
行くような、無謀でその場しのぎの旅はできなく
なってきた。現地で実際に覗いて部屋を見てからの
ほうが確実なのは解っているが、ザックを背負って
あちこちのホテルを歩き回り、その夜の宿を決める
なんて面倒になってきた。

今回はホテルだけでなく、民宿のような個人経営の
部屋貸し『カサ・パルティクラル(直訳:個人の家)』も
キューバ宿泊サイトを通して予約できた。
バスもツーリストだけが利用するViazul社の
無料会員になり、すべての利用路線の予約もした。

あとは、旅立ちの日を迎えるまでの一ヶ月余り、
日を追うごとに誘いの波が大きくなってくることであろう‥‥。

by don-viajero | 2010-12-12 19:48 | Cuba/Mexico | Comments(0)


<< 二日酔い・Ⅰ      将軍様 >>