陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 30日

断捨離

最近、巷間を賑わせている『断捨離(だんしゃり)』とは、
ヨガの「断業」・「捨業」・「離業」という考え方の応用で、
不要なモノを断ち、捨てることでモノへの執着から離れ、
身軽で快適な生活を手にしようというものらしい。
ちなみに「ダンシャリアン」なる言葉まである。

身の回りをすっきりさせることで、心の混乱も整理し、
前向きな自分に生まれ変わりたい。
そう思う人種が増えてきたらしい。一時期、持て囃された
「Simple is Best」に近い発想なのかもしれない。

以前から気になっていた引き出しのモノを整理した。
いつか使うだろうと仕舞っておいたモノが、続々出てくる。
暫し手を止め、眺め、躊躇するモノもある。しかし、
目を瞑って「エイ・ヤァー!」とゴミ箱に投げ入れるが、
それはひょっとしたら、その想い出も一緒に捨てている
ような錯覚にさえ陥ってしまう。たった一つのモノだけが、
あることを想い出させる品かもしれないが、そこは
思い切って、勇気を振り絞らねば元の木阿弥に
なりかねない。

ついでにタンスの引き出しからも、今後絶対着ない服も
整理した。いつしかモノは増えてゆくものだ。
小屋裏の物入れのなかで、もっともっと不必要なモノが
埃を被ったまま「オレたちはいつご主人様から捨てられる
のだろうか?」と戦々恐々として待ち構えているモノたちが
ウジャウジャ転がっている。

私もこの暮れには、ほんの少しだけ「ダンシャリアン」に
成りきったかもしれない。それでも2010年のこの年を
振り返ってみて、「50数年分の1」として残しておきたい
記憶だけは、ドラえもんのポケットのように、決して
溢れることのない心の引き出しに、そっと仕舞い込んで、
新たな年を迎えることとしよう‥‥。

by don-viajero | 2010-12-30 17:20 | エッセー | Comments(0)


<< 大晦日      2010年「この3冊」 >>