陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 11日

La Habana Ⅱ

キューバの通貨について少し説明しよう。
この国では2種類の通貨が流通している。外国人が使う
兌換(だかん)ペソ(CUC)と国民が使う人民ペソ(MN)だ。
ほとんど場合、空港からタクシーを利用して市内へ
行くので、入国後すぐにCUCに両替しなければならない。
しかし、USD(米ドル)だけは両替の際、10%の手数料を
取られるが、その他の通貨(ユーロやカナダドル)は
手数料なしで相場両替となる。
そんなこともあって、今回はユーロを持参していった。
CUCは外国人用、MNは国民用というのが一応基本では
あるが、市中にある銀行やCADECA(両替所)で我々
旅行者も1CUC=24MNとして両替ができるし、どちらの
通貨も利用できる。ただし、CUCとMNは使える場所が
分けられている。一般に観光客が利用する店などが
CUC払いで、MNを使うのは、国民が主に利用する
ローカルな交通機関や露店などだ。
f0140209_19573171.jpg

1CUC≒85円(コインは円形の外周に沿って八角形の縁取り)
f0140209_19585623.jpg

1MN≒3.5円(コインは円形)

下の写真にある具材のいっぱい入ったバーガーは、観光客や
地元の人間で賑わうオビスポ通りで買って食べたものだが
20MN。これと同様なものをCafeで注文すると2CUCになる。
つまり、我々でもキューバ国民と同じように半額以下といった
金銭感覚で購入することができる。
ちなみに、具材はいくらか少なくなるがチャイナ・タウン界隈では
半額の10MNで買えた。
f0140209_203118.jpg


by don-viajero | 2011-02-11 20:11 | Cuba/Mexico | Comments(0)


<< La Habana Ⅲ      La HabanaⅠ >>