陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 18日

La Habana Ⅴ

カリブの人々の生活に不可欠なのが、音楽と踊りだ。
いったんハバナを離れる夜、サルサを踊りに行くことに
決めていた。

夕食を早く済ませ、ホテルに帰り、水シャワーを浴び、
9時半に目覚ましを合わせ、5時ごろベッドに潜り込む。
10時を少し回ったころ、ホテルの一本通りを隔てた場所に
ある「Bar Oasis」(22時~04時)に手ぶらで行く。
首都だというのに、ところどころにポツンポツンと灯りが
あるだけで、暗い街だ。

ドア越しに大音響が響いてくる。この日は土曜日という
こともあり、若者たちで溢れている。耳をつんざく音とともに、
みんな狂ったように男と女が絡み合って踊っている。
かかっていた曲はどこかで聴いたことのあるものだ。
「Livin’ La Vida Loca」(直訳すれば「狂った人生を送る」)。
サルサとは、一言で言えば「助平踊り」だ。
カウンターでモヒート(3CUC)を注文し、小さなテーブルに
腰をおろし、音楽に体を合わせ、彼らの踊りを鑑賞する。
f0140209_21201566.jpg

踊り疲れたのか、隣の女の娘たちは男友達とビールを
飲みながら談笑している。静かな曲に変わり、2組の
男女だけが真ん中でゆったりと踊っている。再び、あの曲が
流れた途端、二人の女の娘たちが踊りだした。すかさず、
私も立ち上がり彼女たちの脇で踊る。そのうちの一人に
リードされニタニタ顔で踊る、助平面のおっちゃん!
なかなか体力もいるし、素直に楽しい!
f0140209_22515611.jpg

f0140209_22152910.jpg

f0140209_22195210.jpg

f0140209_21221375.jpg

曲が終わり、二人にビール(2本で3CUC)をお礼の意味も
込めて奢ってやる。数回彼女たちと踊り、日付けをまたいだ
ころ退散する。適度な疲れのなかにも清々しさを残し、頭上で
欠け始めたお月さんが、真っ暗な街を煌々と照らす明かりが
やけに眩しい。ホテルのバーで缶ビール(1CUC)を2本
買い求め、部屋へ戻る。

部屋にある大きな鏡のなかに、かつて貧乏旅行を気取り、
一日の終りには、脳みそが筋肉痛になりそうな旅をしていた
若者ではなく、限りなく旅を楽しんでいる男の微笑む姿が
映し出されていた‥‥。



by don-viajero | 2011-02-18 21:25 | Cuba/Mexico | Comments(0)


<< La Habana Ⅵ      La Habana Ⅳ >>