陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 28日

Trinidad Ⅲ

宿へ帰ると、カナダ人の若い娘(白人)が赤ちゃんを
抱いて、パティオ(中庭)にあるベンチに腰をかけていた。
少しばかり話しをする。そこへ旦那(白人)がやって来た。
この宿のもう一つの部屋の客人たちだ。ところが、彼らの
「Our baby」は、吸い込まれそうな大きな目がクリックリッ
輝いている赤ちゃんなのだが、明らかに黒人であった。
ブラット・ピットとアンジェリーナ・ジョリー夫婦のような、
彼らの慈善?に対する姿勢は、我々日本人には到底理解
することはできないであろう。

シャワーを浴び、洗濯を済ませ屋上の物干しに吊るし、
夕食を待つ。振り返れば、バラデロのホテルで急ぎ足の
朝食をとってから、腹に納めたものといったらビールと
カンチャンチャラのアルコール類だけ。さすがにお腹が
グーグー鳴っていた。約束の7時、ちゃ~んとドアを
ノックして呼びに来た。冷蔵庫に入っているものと同じ
缶ビールを買ってきていたので、よく冷えた別の缶を持って
テーブルにつく。一緒に食事をすることにしていた若夫婦は
赤ちゃんがぐずり出してしまい、一人で始める。

まず大皿に入った美味しい野菜スープ。次に大皿の野菜
サラダ、そしてフライドポテトの皿、Main Dishは見たことも
ない二塊の大きなロブスターと、大盛りのインディカ米、トマト、
果物の載った大皿だ。いくらグーグーの空きっ腹でも、
並べられただけで私の小さな胃がビックリしてしまった量だ。
ヨダレが出てきそうなほど旨いロブスターでさえ半分しか
食べられず、残ったものを部屋でゆっくり食べてもよいか
訊ねると、快くOKしてくれた。
もちろん、明日の朝食はキャンセルだ。
f0140209_2003046.jpg

          《これで10CUC≒850円》
f0140209_201497.jpg

           《ユダルミスおばさん》
f0140209_203377.jpg

           《手伝いに来ている妹さん》

by don-viajero | 2011-02-28 20:07 | Cuba/Mexico | Comments(0)


<< Trinidad Ⅳ      Trinidad Ⅱ >>