陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 02日

Trinidad Ⅳ

20世紀初頭に造られ、かつてはサトウキビを運んでいた
蒸気機関車が、トリニダー駅から20キロほど先のロス・
インヘニオス渓谷にあるイスナガまで木製客車を引き、
観光列車として走っている‥‥。
そうガイドブックには記載されていた。翌朝、9時半発の
列車に間に合うよう、カサから数ブロック先にある駅へ行った。
ところが、機関車の近くにいた人に訊いたら、今は動いて
いないと言われてしまう。彼に写真を撮ってもらい、急ぎ足で
街中へ引き返す。
f0140209_19592813.jpg

           機関車トーマスみたいだ‥
目に飛び込んだ『Cuba Tour』の事務所に入って、
イスナガ行きのツアーがあるか訊ねると、10時出発で
昼食込19CUCだと言うので、すぐさま申し込む。
事務所で10分ほど待つと中型の観光バス(中国製:Viazulを
含めキューバの観光バスはすべて中国製だ)が横付けされた。
すでにホテル周りをして乗せてきた客が10人ほど。
事務所からの客は私を含め3人。走り出す前、ガイドの青年が
訊いてきた。
「What language is good ?」
「English !」ガイドが頷く。続いて
「French !」やはり頷く。私が最後尾の座席から大きな声で
「Japanese !」。彼はすかさず笑みを浮かべ、
「No, I can’t speak Japanese.」当たり前だよな(笑)
車内から軽い笑いが零れる。

この谷には18世紀末から19世紀末にかけて広大な
サトウキビのプランテーションがあり、最盛期には
3万人もの黒人奴隷を使役し、70以上の製糖工場が
あったそうだ。その奴隷を見張るために建てられたのが
7層高さ44mの『イスナガの塔』だ。
最上階の眺めから、かつてサトウキビで埋め尽くされた
光景を思い描く。
しかし、同行のツアー客たちはカフェでくつろぎ、誰一人
この塔に登ろうとはしなかった。
f0140209_2011325.jpg

            イスナガの塔
f0140209_201395.jpg

    かつてサトウキビ畑で覆われていた土地
f0140209_202286.jpg

バラデロからトリニダーの車窓から見た一面のサトウキビ畑

by don-viajero | 2011-03-02 20:12 | Cuba/Mexico | Comments(2)
Commented by riojiji at 2011-03-04 07:25 x
「What language is good ?」
「English !」ガイドが頷く。続いて
「French !」やはり頷く。私が最後尾の座席から大きな声で
「Japanese !」。彼はすかさず笑みを浮かべ、
「No, I can’t speak Japanese.」当たり前だよな(笑)
車内から軽い笑いが零れる。


この光景 一緒にベトナムを旅した私には、don-viajero さんの でかい声がバスの中で ・・目に浮かび 大笑いや!! 
Commented by DON VIAJERO at 2011-03-04 20:18 x
そういえば、ハノイ空港のロビーで、
あまりにも大勢の出迎え連中に面食らって
大声で予約してある「Classic Hotel !」って、
騒いだなぁ・・・。


<< Trinidad Ⅴ      Trinidad Ⅲ >>