陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 06日

La Habana Ⅶ

夕食後、ユダルミスおばさんに訊いた。
「毎朝、何時に起きるの?」
「そうねぇ、だいたい7時半よ!」
「明日、7時40分のバスでハバナに戻るから、
 7時20分には出たいんだ!だから、精算するよ。
 鍵はキッチンのテーブルの上において置くね!」
「だったら、7時には起きるから‥‥!」
精算だけ済ませ、部屋に戻り、キューバリブレを
チビチビ飲み始める。

翌朝、6時に起きてシャワーを浴び、荷造り。
7時、屋上に上がって景色を眺め、パティオを覗くと、
大あくびをして歩いてくるおばさんがいた。
「いまから、コーヒーを入れるから待ってて!」
「ありがとう!」
マグカップで美味しいコーヒーをいただき、入口へ向かい
別れを告げると、また突然抱擁してきて、ホッペにキスを
されてしまう。

Viazulのバス($27.0:予約済)は15人ほどの客を乗せ、
定刻通り出発。予定通り13時20分、ハバナのバス
ターミナルに到着。
早速取り囲まれたタクシーの運ちゃんたちと値段交渉だ。
あまりに法外な値を吹っかけてきたので、少し歩くことにした。
すると、反対車線にいた白タクのお兄さんが声をかけてきて、
私の言い値で了解してくれた。彼にカサ・パルティクラルの
住所を示し、発車してもらう。ただし、彼はカサの名前は
知らない。その住所で、降ろされ、周りで話し込んでいる
おばちゃんたちに訊いてみるが、さっぱり解らないらしい。
すると反対側の建物のベランダから声をかけてくるお姉さんが
いるではないか!このカサに決めたとき、写真に載っていた
ルナさんだ!一安心する。
f0140209_803516.jpg

           《ルナさん:写真左》
しかし、階下に降りてきて言うには、昨日から水道が壊れて
使えないから、近くのカサを紹介すると言われ、申し訳なそうな
顔の彼女のあとをついていく。
数分で彼女の友だちのカサにつく。値段は同じだが、食事は
作ってくれないというものだった。それでも、厨房と大型
冷蔵庫は自由に使っても構わないと付け加えられた‥‥。

by don-viajero | 2011-03-06 18:07 | Cuba/Mexico | Comments(0)


<< La Habana Ⅷ      Trinidad Ⅴ >>