陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 07日

La Habana Ⅷ

宿は、かつて数万人を前にフィデレ・カストロが何度も
演説した、キューバ国家の中枢が集まる革命広場と、
旧市街のちょうど真ん中ぐらいだった。
f0140209_2035642.jpg

トリニダーと同じように、キューバという国を旅慣れた
最後の一夜のハバナでも、キューバの人たちとの距離が
縮まるカサ・パルティクラルを楽しみにしていた。やはり、
お客を待っていたルナさんにしてもガッカリしたことだろう。

ただ、ホセ・マルティの生誕を祝う前日のビエハ広場での
寸劇や、キューバを離れる当日の子供たちの行進に
出くわしたのは幸運だった。

世界遺産に指定された旧市街のなかで、ごく普通に日常を
送っている人々をほんのひととき垣間見ただけだ。
昼過ぎになれば、どこからともなく聴こえてくる生演奏。
陽気な笑い声。本やメディア媒体からでは、絶対に解らない
この街の持つ飽くことのない雰囲気や感覚にもっと、もっと
浸っていたかった。
しかし、それには時間があまりにも少な過ぎた。

朝、見納めに足を運んだ旧市街のカピトリオ前に停めた
タクシーの横で、所在無げにしていた運ちゃんに、
空港までの料金を交渉する。彼はちゃんと約束通り
午後1時半にカサへ迎えに来てくれた。後部座席に深く
もたれかかり、全開にした窓から名残惜しそうな眼差しで、
流れてゆく景色を追うようにして見つめる。空港間近で
擦れ違ったポンコツクラッシック車(ぐるま)の渇いた
エンジン音が、鼓膜にいつまでも心地よく響いていた。

閑散としたターミナル2(国際線のほとんどはターミナル3)
に横付けしたタクシーの運ちゃんには、約束の料金とは別に
残った10MN札(人民ペソ)を渡す。神妙な顔で口元を緩めた。
彼が去ったあと、雲ひとつ浮かんでいない空に向かい、
大声で「Gracias Cuba ! Adios Cuba !」。
そう叫び、出発ロビーへと入っていった。

*‥‥今後、テーマごとに分けた写真を載せていきます。

by don-viajero | 2011-03-07 21:01 | Cuba/Mexico | Comments(0)


<< 「生きた博物舘」 Ⅰ      La Habana Ⅶ >>