陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 19日

驚天動地

まさに天を驚かし地を動かした。
驚天動地(きょうてんどうち)の大災害でした。

そして、もう一つ進行形のものがある。
原発の放射線までが脅(おびや)かすことになって
きています。

今回のような巨大な地震や津波に対して、我々人間は
抗(あらが)うことができませんでした。
しかし、原発は少し違うと思っています。
確かに、今回このような事態に陥ったのは、初期段階に
おける大地震や津波によるものかもしれませんが、
想定外なんてありえないことですし、想定外以上を
もってしてもあまりにも危険な原発でした。

まだまだ事態の予断はできませんが、これを良き機会と
捉え、浪費癖になってしまった電力や、それを欲求する
ために生産しなければならないエネルギーについて
考えるときがきたように思えます。

災害に遭われた方々にとっては、すべてにおいてとても
不幸で、悲しくて、理不尽な出来事でした。
幸いなことに、何もなかった私たちのような人間が
「お見舞い申しあげます」
「お悔やみ申しあげます」
「お察しします」
「がんばってください」
そんな手垢のついた言葉でしか気持ちを表すことが
できない不甲斐なさ。

でも、みんな優しいから、そう言って慰めてやること
しかできない。
あと我々ができることは、心とは別なところで、
僅かばかりな義援金の送付や支援物資への協力、そして
ボランティアの力なのかもしれません。       

by don-viajero | 2011-03-19 20:08 | エッセー | Comments(0)


<< 超短編小説 『僕の家族』      ゲバラのいる風景 Ⅱ >>