陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 23日

「お~い」

その日は朝から暖かな陽光に満たされていた。

「お~い!お~い!春だぞぉ~!」
どこからか、そんな声が聞こえてきそうな気配が
漂っていた。足元の落ち葉のなかから、ちょこんと
福寿草が黄色い花びらをキラキラ耀かせ、小さく
顔を出していた。
f0140209_21583863.jpg


春は四季のうちでも、最も奇妙な感触をもつ季節だ。
それまでの雪から替わった冷たい雨の滴が、柔らかな
温かみを含むようになり、ふわ~としたなめらかな
風とで、草や樹木や昆虫や動物を凍てついた眠りから
優しい目覚めへと誘(いざな)う。

手品師が色とりどりの絹のハンカチを、その手のなかから
紡ぎ出し、鮮やかなマジックを披露してくれるように、
素っ裸のまま不細工な固い蕾を抱えた武骨なまでの枝が、
ある日突然、溢れんばかりの花を咲かせてみせる。

眠りから覚めた虫たちが蜜を求め、花々を飛び交い、
小鳥たちがざわつき始める。
それはまるで、春という季節だけが持つ魔法のようだ。

春の香りをほんのり含み、辺りにたゆたう甘い空気を
胸いっぱいに吸い込む。
-さぁ!今日はいつになく気持ちよく走れそうだ!
 ちょっと、遠回りでもしてみようか!-
独り言を呟き、ふんだんに春の陽気を振り撒いている
景色のなかへ、軽やかに走りだしていった‥‥。

あの日から雪が降った日もあった。そんな日の夜空は
凍りついて固く、闇はしんしんと深い。だが春はもう、
ドア一枚を隔てたところにまで来ている‥‥。

by don-viajero | 2011-03-23 21:59 | Run | Comments(0)


<< 揺れる      超短編小説 『僕の家族』 >>