陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 17日

Coфия Ⅱ

ブルガリアの旅で戸惑ったものが二つあった‥‥。

一つはキリル文字だ。アルファベットならある程度
読めるし、理解できるのだが‥‥。
しかも、ホテル以外では英語がほとんど通じない。
メルニック行きバスの下調べをするため、市内から
トラム(市内電車:片道0.4Lv)に20分ほど乗り、
郊外にあるオフチャ・クペル・バスターミナルまで行った。
そもそもトラムのビレート(切符)を購入することさえ、
まったく英語が通じないから一苦労してしまう。
ターミナルではバスの行き先を示すプレートのキリル
文字と、ガイドブックの文字とを照らし合わせる。
再確認のため、近くにいる人を捉まえて「~行きですか?」と
ブルガリア語で質問する。
すると、もう一つこの旅で悩まされ続けた所作をされる。
「ダァ(はい)」と言って首を横に振る。もし違っていたら
「ネェ(いいえ)」と言い頷く。
まさにブルガリアの常識は世界の非常識になって
しまうのだ。
f0140209_19271944.jpg
バーニャ・バシ・モスク:飲用の温泉が湧き出ていて、大勢の人々が汲みにくる。
f0140209_19295383.jpg
バーニャはトルコ語で『風呂』
f0140209_19313765.jpg
ペットボトルを抱えてやってくる人々で賑わっている。
f0140209_19333372.jpg
聖ネテリャ教会
f0140209_1935295.jpg
夜の聖ネテリャ教会
f0140209_19361793.jpg
ソフィアのメインストリート:マリア・ルイザ通り
f0140209_1938574.jpg
夜のマリア・ルイザ通り
f0140209_1939942.jpg
旧共産党本部
f0140209_19403868.jpg
聖ペトカ地下教会
f0140209_1950351.jpg
聖ニコライ・ロシア教会

by don-viajero | 2011-04-17 19:46 | Bulgaria/Swiss | Comments(0)


<< Coфия Ⅲ      黄色の世界・Ⅱ >>