陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 22日

Рилски Манастир(Rilski Manastil:リラの僧院) Ⅰ

ソフィアから南へ約120キロ。リラ山の奥深くにひっそりと、
リラの僧院はある。ブルガリア正教の総本山ともいうべき
僧院である。バスに乗って、葉を落とし雪の被った鬱蒼とした
木々の合間をぬって、一本の山道を揺られて行くと、曲がり
くねった道の先に突然現れる、色彩豊かな僧院の門‥‥。
f0140209_19523084.jpg
僧院の門

6時発ソフィア行きのバスに乗るため、5時45分ごろチェック
アウト。ネオン一つなく、灯りはポツン、ポツンと離れた場所に
あるだけで、空を見上げれば深い暗闇を照らす無数の星たちの
なんと美しいことか!この日は、このブルガリアの旅でも特筆
すべき一日だった。少し長くなるので2回に分けて当時の
日記を抜粋する。

-‥略‥
ここからの乗客は私も含めたった3人だけ。暖房の効いた
バスは定刻通り6時出発。30分ほどでサンダンスキ。
ブラゴエフグラッドには7:45着。8:00発のリラ村行きに
乗り換える。40分ほどでリラ村の小さなバス停に到着。
閑散とした村だ。僧院行きは12:45までないとのこと。
タクシーもないこの小さな村で4時間もブラブラしなくては
ならない羽目になった。冬時間のため極端に便数が
少ないのだ。プレハブの小さなカフェで熱いコーヒーを飲む
(一杯たったの30円)。ウエィトレスの可愛いお姉ちゃんと
数人の客。こうして自分は一人でブルガリアの小さな 小さな
村のちっちゃなカフェで暖かなコーヒーを飲んでいる。
まるで自分史の中の絵になる場面ではないか!この4時間が
徒労の時間で終わるか否かは誰一人判らない。遥か日本から
やって来た、たった一人の異邦人。
‥中略‥
カフェを出て足は学校らしき建物がある高台へと向かう。
眺めの良いその場所からは、リラの僧院があるらしき方向に
雪を被った山々が見え、村全体を見渡すことができる。そこは、
思った通り学校だった。窓から顔を出している女の子たちに
カメラを向けると大騒ぎ。下へ降りてくるよう手招きをすると、
先生を含めて15人ほどがドワドワと玄関前に集合。みんなで
記念写真を撮る。これこそが俺流の旅だ!気分はすごくいい!
彼らと別れ、再び村の中をあてもなく散策。(続く)-           
f0140209_19551356.jpg
 中学生たちと‥
f0140209_2012319.jpg
f0140209_2021594.jpg
 長閑なリラ村         

by don-viajero | 2011-04-22 19:57 | Bulgaria/Swiss | Comments(0)


<< Рилски Манастир Ⅱ      Мелник(Melnik) >>