陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 06日

超短編小説 『桜・パロディ編』

『桜』

ほころび始めたなかを歩いた。
満開のなかも歩いた。
そして、花散らしのなかをも歩いた。

はるかたっぷりと雪の残るアルプスを背に、
清らかな雪解けの水を、満々と湛(たた)えて流れる
川沿いの桜並木を、毎年妻と歩いた。

「こうして二人で歩くのも今年が最後よ!」
猛々しく妻が宣言した。
「来年のことは誰にだってわからないさ‥!」
妻はすっかり変わってしまっていた。

今年は一人で歩いている。

家に帰ると、妻はその大きな体を横にして、
大好きな「桜餅」をムシャムシャ頬張りながら
テレビを観ていた。

私の愛していた妻はあの年、見事なほど咲いた
桜とともに散ってしまった。

そのとき、家のなかを流れる異様な風を感じた。
耳を覆いたくなるような小言が容赦なく舞う。

あとは悶々とした妻への想い出だけが、
白い靄のように乱れ散る。

by don-viajero | 2011-07-06 20:33 | 超短編小説 | Comments(0)


<< 梅雨明け?      安曇野 >>