陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 29日

処分

公務員処分:重い順に免職・停職・減給・戒告・
訓告・厳重注意。ときどき新聞の紙面を賑わす
『公務員・大量処分』。しかし、そのほとんどは彼ら
大人にとって、大したことのない戒告以下の処分だ。
こんなのは処分にも値しない。免職なんてまずないし、
停職・減給だって『大量処分』を隠れ蓑に、ほんの
一握りの人間だけで済ませ、幕引きにしてしまう。

高校の文化祭の最終日。ファイアーストームも終え、
学生たちも三々五々家路へと帰ってゆく。
我々山岳部は、校門の脇にテントを張り、卒業した
先輩を迎えて、三年生を送り出す儀式に及んだ。
儀式といっても、OBたちが差し入れの食い物と酒
(ウィスキー)を持ってきてくれ、三年生と過ごす
最後の集いのドンちゃん騒ぎだ。
宴もたけなわのころ、突然
「お前ら、何をしているんだ!」
テントの入口をサッと開け、覗いたのは山岳部顧問で、
部員から嫌われ者のM教諭だった。
「お前ら酒を吞んでいたのか?」
前部長が毅然と言い放った。
「先輩たちと二年と俺たち三年です。
一年は一滴も吞んでいません!(嘘)」
暗黙の了解で、そういうことにした。
「OBの連中はすぐに帰れ!
 他の者もテントを片付けてすぐに帰れ!」

数日後、校長室に呼び出された我々に下された処分は、
一年生はお咎めなし。三年生が無期停学。我々二年生が
校長訓告というものだった。この事件以降、儀式は
止めになってしまった。

もちろん、このあとあの嫌味な教諭は、当然の如く
山岳部顧問を辞めた。

by don-viajero | 2011-07-29 20:21 | | Comments(0)


<< 男の料理・ジェノベーゼ      裸の幽霊? >>