陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 24日

一期一会の雲

8月下旬、歩くようなスピードで、ゆっくり南の
方から不気味な大きな渦を巻いて近づいてきた。
風は酔っ払いの吐息のように生暖かく、どっぷりと
湿気を含んでいた。

紀伊半島に甚大な被害をもたらした台風12号。
遠く離れた安曇野でも、低く垂れこめた雲は周りの
景色ばかりか、すべてのものを息苦しくさせるほどに
押さえつけていた。出遅れたセミたちが、雨の止む
束の間、騒がしく鳴いていた‥‥。
それが、一週間も続いた。

9月7日、この時季には珍しい朝靄が消え去ると、
真っ青な空が広がり、眩しい朝の陽光が、すっかり
長くなった影をくっきりと浮かび上がらせていた。
それは、季節の入れ替えを済ませたと宣言している
ような、静かで爽やかな一日だった。

そして、その翌日。
近くなのに、いまだに行ったことのなかった山奥の
古刹『泉福寺』を訪れた。
赤色の褪せたトタンで覆われた本堂の大きな屋根の上に、
素敵な「一期一会」の雲が広がっていた。

あれからの二週間、残夏と初秋の力が鬩ぎあっていたが、
秋分の日を境に両者の関係がはっきり決着した。
今朝、外の温度計の目盛りが一桁を指していた‥‥。
f0140209_1849311.jpg


by don-viajero | 2011-09-24 20:29 | エッセー | Comments(1)
Commented at 2011-09-26 06:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 味覚・観覚・魅覚      レンゲ種蒔き・稲刈り・ハゼ掛け >>