陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 07日

海馬

f0140209_20575097.jpg海馬とタツノオトシゴ
(英語ではどちらも:hippocampus)

海馬=大脳辺縁系の一部である、
海馬体の一部。特徴的な層構造を
持ち、脳の記憶や空間学習能力に
関わる脳の器官。

「あれ‥!あれさぁ‥!?何てったっけ‥‥???」
カミさんはいつものように
-あぁあ‥また始まった‥‥-とAKB状態だ!
(AKB=あきれた婆さん)
ダンマリを決め込んで、私が思い出すのを
ニコニコしながら眺めている。
脳内言語ソフトがまたフリーズしてしまったのだ。

少しだけ私に時間を与えてくれはしたものの、再び
「あれ!わかるだろう!??」
「わかるよ!でも自分で考えたほうがいいよ!」
目が笑っている。

『海馬(副題・脳は疲れない)』。
脳研究者の池谷祐二氏とコピーライターの糸井重里氏の
対談集を読んだ。そこに朗報が書かれていた。
私流に要約するとこうだ。
-子供のころは、まだ覚えたものを仕舞う引き出しが少ない。
 だから、知識としてインプットされていないもの以外は
 すぐに引っ張り出せる。しかし、生きてゆく過程で引き出しが
 どんどん増えてきてしまい、挙句にどの引き出しに仕舞ったのか、
 なかなか引き出せないだけなのだ-

それでも、たくさんある引き出しを引っ掻き回した挙句、
また口にしてしまいそうだ。
「あれ‥!あれさぁ‥‥!?」を‥‥。(笑)

by don-viajero | 2011-10-07 20:45 | エッセー | Comments(0)


<< 納豆      脱穀(10月2日・快晴) >>