陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 19日

女優・加賀まりこ&作家・奥田英郎

過日の夜中、目が覚めたとき、付けっぱなしのラジオから
聴こえてきた野太い女の声。番組は「女優が語る・私の人生」。

以前から、あの大姉御のようなツッパリも魅力的だったし、
なんといっても、彼女の歯に衣着せぬ物言いが大好きだ。
男に変声期があるように、女性も年齢を重ねてくると、
半オクターブ下がる見本みたいな声主だ。しかも彼女の声、
前にも増して迫力さが加わったようだ。
付け加えると、故・川端康成も彼女が大のお気に入りだったらしい。

無類の本好きであり、芸能界きっての雀士でもある彼女のお薦めが、
奥田英郎『オリンピックの身代金』。私はまだこの本は読んでいない。
しかし、今年2月、立て続けに彼の著作4冊を読んだ。なかでも、
『イン・ザ・プール』『空中ブランコ』は「いらっしゃ~い」と
患者を迎える、精神科医・伊良部が様々な悩みを持ち込んだ患者と
ともに繰り広げる面白話の短編集だ。伊良部の突拍子もない行動が、
はたして馬鹿なのか利口なのか、診察を度外視した名医か、
ヤブ医者なのか‥‥。
大震災前だったから‥こんな本も気楽に読めたのだが‥‥。

ちなみに、まったく関係ないのだが「加賀まりこ」は、スペイン語の
スラング「Caga maricón」(オカマが糞する)なんだよ(笑)
f0140209_2015938.jpg      f0140209_202173.jpg

by don-viajero | 2011-10-19 20:08 | | Comments(0)


<< 名残り      霧の朝 >>