陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 02日

蠢く虫

11月30日。
早朝はともかく、日中は暖かな霜月最後の一日だった。
しかし、Yahoo版翌日の予報では、最高気温が12月を刻んだ
0時以降の3時間が6℃。そこから徐々に下がり出して、日中の
最高気温が3℃。

翌日の気候をいち早く感知したらしい虫たちが、家の中に入り込み、
いたるところで俳諧している。特にこの時季目にする臭い虫が、
なにやら障子の向こうでゴソゴソ蠢いている。
「触らぬ神に祟りなし」だ。

触れた途端、強烈な匂いを残す「カメムシ」。通称「屁っこき虫」。
しかし『男の料理』では「カメムシ草」は、ときどき使っている。
たとえ名前が同じでも、あの匂いでベトナム旅行中よく食べた、
安くて旨かったフォーを思い出すことはない(笑)

カメムシ草(和名)=英語でコリアンダー、東南アジアでパクチ、
中国語で香菜(シェンツァイ)
厳格に言えばコリアンダーは種を指し、パクチは葉っぱであるが‥‥。
f0140209_1957769.jpg


by don-viajero | 2011-12-02 19:57 | エッセー | Comments(0)


<< Space      三日月と夕焼け >>