陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 23日

超短編小説 『奇妙な鳥』

f0140209_17475792.jpg
開店準備をしていると、外から変な声が
聞こえてきた。
「い‥らっしゃい‥ませ」しばらく間があいて、
再び「い‥らっしゃい‥ませ」

扉を開けると、そこにはカラスに似た
奇妙な鳥が「い‥らっしゃい‥ませ」
そう言って、ピョンピョンと店内に
入ってきてしまった。
「これゃぁ、珍客でんな!商売繁盛間違いなしや!」

初めのころは物珍しさもあって千客万来の大賑わいだったが、
しばらくすると客足がバタッと途絶えてしまった。
奇妙な鳥は誰も来ないのに、相変わらず
「い‥らっしゃい‥ませ」の繰り返しだ。
誰一人お客のいない店内で鳥を眺めていると、突然
「ほな‥さ・い・な・ら」と言い残し、開けっ放しの扉から
ピョンピョンと出て行ってしまった。

ところが不思議とその日を境に、客足が戻ってくるではないか!
「ひょっとしたら、あの鳥は『閑古鳥』ちゅう鳥だったんかも
 しれへんなぁ‥‥」店主は呟いた。

by don-viajero | 2011-12-23 19:40 | 超短編小説 | Comments(0)


<< クリスマス・イブ      枯れ色 >>