陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 31日

2011・大晦日

いつもと変わらない日を迎え、いつもと変わらない夜を過ごす。

快晴微風。冬の衣を纏った西山が凜としてそそり立つ。
外気温マイナス5℃。凍てつく空気を吸い込んだ鼻の穴が、
まるでくっ付いてしまいそうななかでの今年度最後のラン。

今宵、ここ数年慣れ親しんだ二人きりの生活に変化はない。
つまらないテレビは観ない。もちろん国営放送も聴かない。
いつもの夜と同じように、読みかけの本を広げ、区切りの
良いところでページを閉じる。
除夜の鐘は眠りのなかで聴けばいい。

すべてにおいて、どこかで区切りをつけなければならない
物事が存在する。
それは、己の人生においても然り。
予期せぬ出来事に対しても然り。
区切りをつけて目を閉じることも必要じゃないかな‥‥。
そして、目を開けたとき新たな光に進めばいい‥‥。

3・11で心を痛め、エイリアンで錯乱した日。
「2011年よ!おさらばえぇ~!」

目が覚めれば、2012年が始まる正月だ!
さてはて、明朝は今朝のような、すばらしい朝陽の『初日の出』を
拝むことができるだろうか‥‥。
f0140209_20048.jpg


by don-viajero | 2011-12-31 20:00 | エッセー | Comments(0)


<< 2012年      TSU・RA・RA Ⅱ >>