陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 13日

天使のドアノブ

遠い‥遠い記憶の奥底を掘り起こしてくれた『Mickey』さんへ‥‥。

碌山館の左右の入口には四人の天使がいる‥‥。f0140209_2091928.jpg
(美術館建設のため奔走した彫刻家・笹村草家人(そうかじん)の作品)

天気の良い開館日には、入口や南に面したドアすべて開放していたから、
カンカラケットバシ中、数人で展示物の陰に隠れたこともあった。
そんなとき、入ったことのない西にある鉄の扉が気になった。
受付のお姉さん(いまでもおばあちゃんとして健在)に気付かれぬよう、
そ~っと開けてみた-ギィ~-鍵がかかってなかった。僅かに開いた
隙間から覗き込むと、狭い空間にスチール製の階段が上へと延びていた。
静寂な館内に突然響き渡った音を聞きつけたお姉さんが、血相を変えて
やってきた。「君たち、この扉は絶対、開けては駄目ですよ!」
僕らは口々に「何故?何があるのぉ~?見たいようぉ~!」
「あのねぇ‥この中の階段を昇っていけばベッドがあって、
そこには入口の扉のノブになった天使のミイラが眠っているのよ!
でもこのことはヒ・ミ・ツ。内緒よ!みんなとお姉さんだけのね!」
「うそだぁ!」なんて、口を尖らせて文句をいう奴はいなかった。
ただ体をブルッと小さく震わせただけだった。まだ2年生の僕らは、
その話しを何の疑いも無く信じた‥‥。

その年の初夏からの火曜19時半~20時までの時間帯で、『恐怖のミイラ』
(もちろん白黒)が始まっていた。怖いもの見たさで、子供たちみんなにも
評判の番組だった。暗くなれば、包帯をグルグル巻きしたミイラが、後ろに
す~っと立ってるんじゃないかって、いつもドキドキヒヤヒヤしていた。
家の中にある、小さな暗い裸電球のポットン便所だって、大声で歌でも
謡いながらじゃなきゃ、怖くて行けたもんじゃなかった‥‥。 


『恐怖のミイラ』

因みにその前の放映は『怪傑ハリマオ』だった。


by don-viajero | 2012-01-13 20:17 | エッセー | Comments(1)
Commented by Mickey at 2012-01-18 20:00 x
いやあ、『入口の扉のノブになった天使のミイラ』・・・、あの女の子は天使だったのですね!

それにしても、その時のお姉さんが、今、おばあさんになって、
ミイラとしてそこに居るってのは怖いですねぇ。

あ、おばあちゃんは、健在でしたか(笑)

それもまたコワイ!

by Mickey


<< 雪の朝      真夏の名残り >>