陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 18日

芥川賞・直木賞

やはり『田中慎弥』はただの頭でっかちだった‥‥。

それは学校へは行かずとも、独学で身につけた学力は
他の追随を許さないってとこかな‥‥。

しかし、そこには笑いや悲しみの混じった学生生活も
なければ、もちろん部活動も存在しない。どんなに
すばらしく優れていても、血の通う心がない。
以前『2009年・この3冊』で紹介したが、私としては、
今回の受賞インタビューを聞き、然もありなんという
感じだった。

何度も直木賞にノミネートされてきた『伊坂幸太郎』は
昨年からノミネート自体を拒否するようになった。

ひょっとしたら、芥川賞や直木賞の受賞は、ヘボ歌手でも
ひと時代前の『紅白歌合戦』に出演することが、
一種のステータスが上がることを意味したことに似て、
長い歴史を繰り返すうちに、選考委員も含め、些か手垢の
付いたものに成り果ててしまったのではないだろうか‥‥。

by don-viajero | 2012-01-18 22:06 | | Comments(0)


<< TSU・RA・RA Ⅲ      FIRE >>