陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 29日

北陸の旅 Ⅰ

昨年暮れ、米作りの仲間『ずくの会』の餅つきのとき、
有志で旨いものでも食べに能登へ行かないか‥という
話しが持ち上がった。

恒例の海外への旅を止めた私は即座に参加表明。
結局、この大寒波の来る前の月曜・火曜一泊二日、
4人で出発した。
高速北陸道から見渡す富山平野には、ほんの少しだけ
雪が残っているだけで、田んぼは水に浸かっていた。

高速を利用するようになってからは、北陸道・金沢東で
降りて、何回も右に曲がって千里浜に向かった道を
左に曲がり、雨交じりで小雪の舞う兼六園へと車を走らせた。
この歳になって初めて訪れる兼六園。

出発前に思い描いていた雪吊りにのっかった雪は、園内の
日陰に僅かに寂しく残っていただけで、そこは私にとって、
ただの管理の行き届いた苔生す古き庭園でしかなかった‥。

f0140209_19362526.jpg

f0140209_19363935.jpg

f0140209_19365627.jpg
            岩に食い込む日本版 Ta Prohm
f0140209_19385855.jpg
          本場のアンコール・ワット遺跡群のTa Prohm('08年1月撮影)
f0140209_19521434.jpg
          雨粒を纏う蝋梅(梅と書くが梅の種類ではない)

f0140209_19425840.jpg
f0140209_19461728.jpg


by don-viajero | 2012-01-29 19:49 | ◆旅/全般◆ | Comments(0)


<< Crystal Ⅰ      オレンジ色の朝 >>