陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 17日

断捨離 Ⅱ

一年も経てば、再び無用と思えるものが、数限りなく
引き出しに収まっているし、新たに不要と判別
できるような衣類も出てくる‥‥。

周りの音を消し去るような、静かに降りしきる雪ではなく、
風が針葉樹の木々を揺らす音と、場違いな雨の湿った音が
混ざり合っていた、そんな冬のある日のことだ。
突然、読みかけの本を放り出して、ダンジャリアンと化し、
モノを捨てる作業に夢中になった。

一昨年の暮れ、思い止まって捨てきれずに仕舞い込んで
置いたモノも、そのモノにまつわる者たちへの郷愁も
一緒に捨て去ろうとしている。今回は捨てるか残すか
迷ったときは、必ず捨てる方を選んだ。古びた記憶のなかに
押し込められていたモノたちが、指先を離れてゆく瞬間の、
きっぱりとした感触がやけに心地よかった‥‥。

ついでに、開きっぱなしのライティングビューローの机に
乱雑に置かれたDMや書類、死にかけた虫が這いずり
回ったような、判読不可能な文字で記されたメモ用紙。
次に、ビューローの上にある作り付けの本棚の整理。
この棚は、主に旅関係の本を納めてある。
そのなかに隠れるようにして残っている、背表紙がボロボロに
なってしまった古い教科書を手にとった。

『詳密高等地図』。高校時代の世界地図だ。
日本各地はおろか、世界のいたる地点に印と記述がある。
ちょくちょく授業を脱線して熱く語るF教諭。はたして師が、
その場所を訪れたことがあったのか定かではないが、確かに
あの時、あの教室で目を耀かせて聞き入っていた私がいた。

記憶のなかから想い出が、わぁ~っと溢れてくる一冊だ。
国名が変わってしまったものがあっても、これはいまでも
私の宝であり、原点なのかもしれない‥‥。

by don-viajero | 2012-02-17 20:17 | エッセー | Comments(0)


<< 光と影 Ⅰ      侵入者たち >>