陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 24日

デジャ・ヴュ

地下鉄の駅を人混みに交じって掃き出されるようにして
降りた。出口に向かい階段を上がるころには、周りには
誰もいなくなっていた‥‥。

隙間なく雲に覆われ、太陽すら見えない暗い空は、いくら
方向感覚の鋭い私でもさっぱりわからない。しかも街には
人っ子一人いない。でも、どこかで見たことのある風景だ。
-そうだ‥ここは広尾かもしれない‥でも、どうして?
  俺はいったい何をしにここに来たのだろうか?-

一瞬にしてすべての息づかいが消えさったかのような街を
しばらく歩くと、雑多な路地にぶち当たった。
-あっ!ションベン横丁だ!
  あれ?これって前に夢で見たことがあるような‥‥?-

そこからがちょっと違った。
薄暗い地下道の向こうには、アコーディオンを弾いている、
大腿部からくたびれた靴まで、すっくと伸びた棒が気味悪く
映っている傷痍軍人の姿が見えた。
静かに近づいても外の明るさを背にしているせいか、
顔がはっきり浮かんでこない‥‥。

その場面で目覚めた。
再びそっと目を閉じ、夢の中に現れたことのあるデジャ・ヴュを、
再現しようとしてみた。

それは前回と今回見た夢の中身を検証するように‥‥。

by don-viajero | 2012-02-24 20:07 | | Comments(0)


<< ステーキ      キツツキの仲間たち >>