陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 05日

葉痕

本題に入る前に訂正事項。
『千歳鶴』が登場したのは『北の国から'98時代』
(シナリオ本21ページ)で、純君がシュウ(宮沢りえ)の
家に持っていった手土産でした。どうやら個人的に嫌いな
女優を、勝手に差し替えて記憶してしまう都合のいい
脳みそでした。(笑)
因みに、トド(結ちゃんの義父)と五郎が富良野の家で
酌み交わした酒は「男山」。

さて、本題の『葉痕』。
東屋の裏に大きな沢胡桃の木がある。
こればかりは、猿如きの歯では割ることはできない。
数年前、この木に熊が登っていたらしいが、奴だったら
美味しく貪ることもできたであろう。
知恵のあるカラスも、嘴にくわえて舗装道路に落としてゆく。

大木の周囲には、数本細い幼木が育っている。その葉痕は
いろいろな表情を見せてくれる。優しいそうなおじさん、
埴輪、お猿さんや羊さん。芽吹き前の楽しい品評会だ。
f0140209_18333453.jpg

f0140209_18342039.jpg

f0140209_18343774.jpg

f0140209_18345311.jpg

f0140209_18352750.jpg


by don-viajero | 2012-03-05 18:37 | Photo | Comments(2)
Commented by パーチ at 2012-03-06 17:49 x
沢胡桃なんて知らなかったけど、面白いね~。
色んな顔に見えるね。
オレも明るいレンズがほしい。
Commented by DON VIAJERO at 2012-03-06 20:08 x
観音さんの単焦点F1.4は結構いいみたいだよ!
ワテのマクロは環境部報酬金で買ったんや!
環境部?って資源物回収委員やけど・・・。
一年、会計としての給与が20,000円・・・。
0が一つ少ないぞ~~~!!!


<< 春の雪      とろ~り豚カツ >>