陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 04日

言葉尻

他人のいいそこないをとりあげるつもりはないが、
これが、国会の先生方の発言だとしたら‥‥。

失礼な言い方ではあるが、先日の国会中継を面白おかしく
聴いていた。なかでも少々小五月蝿い某自民党参議院議員
ポン太氏のヤジは的を射(得てるではない!的は射るものである)
てるものもあれば、かなりトンチンカンなものまで聴こえてくる
から楽しい。元気な応援団をバックに某自民党議員の質疑が続く。
「耳障りのよい言葉の羅列で‥‥」
氏の原稿には「耳触り」と表記してあったのかもしれない。

更に違う質問者が、「取り付く暇‥云々」
そう聴こえたのは私の聴き違いか‥‥。
取り付くのは暇でなく、島であるし、
「二の舞を踏まないように‥‥」
二の舞は踏むものではなく、演ずるものである。
「民主党のやり方は姑息な手段‥‥?」
姑息な手段とは、一時の間の合わせ、一時しのぎの手段という
意味であるが、どうも前後の流れからして卑怯な手という
意味で使っていたように聴こえた。

以前『珍説・桃太郎』で披露した元某首相の読解力。
これなんか、ただ単に秘書さんがルビを振ってあげれば
済むことだったろうし、原稿を書くのって先生本人ではないと
思うのだが‥‥。

「士」が付くというだけで、先生でもないのに「先生、先生」
なぁ~んていつも呼ばれているから、可笑しな先生になっち
まうんだろうなぁ‥‥。
f0140209_20141792.jpg
ヤマガラ

by don-viajero | 2012-04-04 20:15 | エッセー | Comments(3)
Commented by パーチ at 2012-04-04 21:39 x
耳が痛いっす。
Commented by DON VIAJERO at 2012-04-05 06:20 x
結論としては調子扱いて「先生」や「社長」なんて
持ち上げる輩が悪いと思うよ!
Commented by パーチ at 2012-04-05 12:01 x
呼ぶ方も呼ばれる方もわかりきって呼びあってんだからまあ、いいんじゃないの・・・。
中にはわかってないのもいるかもしれないけどね。(^^


<< カラオケ      色気 >>