陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 06日

カラオケ

昔、合宿などの山行では、雨や雪に閉じ込められれば、
一日中飽きもせず、山の歌をみんなでテントのなかで
歌ったものだ‥‥。

なかには、とてもじゃないが、里では聴きたくないほどの
音階の狂った奴もいたが、そんなもんはどうせ無伴奏のなかで
歌うんだから、あんな狭い空間でも許容範囲だった。

そんな酷い音痴だった山仲間の一人、N氏とは一年に一回、
山とは違う仲間としての飲み会を持つ。

一昨年、数軒飲み歩いた末、最後の飲み屋で彼がカラオケを
歌い出した。それが驚くほど見事な歌いっぷりだった。
「おそれイリヤのクリヤキン」(50代以上の方しか解らない)
だったのだ。やはり、人間場数を踏むだけのことはある!

さて私はというと、宴会でもほとんどマイクは握らない。
場数を踏んでないから、当然上手くないという自覚がある。
それでも、酔いが回りどうしてもと言われれば歌う。
そう、せいぜい一年に一回歌えばいい方だろうか‥‥。
レパートリーは冬と夏の歌、2曲だけだ!
大滝詠一「さらばシベリア鉄道」と南佳孝「モンロー・ウォーク」。





by don-viajero | 2012-04-06 20:26 | エッセー | Comments(0)


<< ランニング・シューズ      言葉尻 >>