陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 16日

江戸っ子

口は悪いが人情に厚く、いつも朗らか。
その実シャイで、女性にはめっぽう弱い‥‥。

こう言って思い出すのは『寅さん』だろう。
-私 生まれも育ちも葛飾柴又です
 帝釈天で産湯をつかい
 姓は車 名は寅次郎
 人呼んでフーテンの寅と発します- 

今日4月16日は亡き父の誕生日だったので、
父の話を少ししよう‥‥.

同じ下町でも、神田で産湯をつかい、浅草・砂町で
育った父は、永六輔氏が昔の浅草の話しをするたびに
「ってやんでぇ!何を生意気なことを言ってやがるんだ!
 俺のほうがよっぽど浅草のことを知ってるわ!」
と怒っていた。

「江戸っ子」は三代続いてこそ本物だそうだ。
父の父、つまり私の祖父は富山・黒部の生まれで、
次男坊だったため故郷を離れ、東京へ出てきている。
生前、父は「俺は江戸っ子じゃなくて、へどっ子だからな!」
やけに卑下めいた物言いをしていたが、死ぬまで
「ひ」を言えず、「し」と発音していた。

ある意味、いつまでも江戸は粋な下町の矜持を纏いながら,
安曇野の地で散っていった人‥‥そう思っている。
f0140209_18514833.jpg
小梅の木の下に隠れるようにして、顔を出したフキノトウ

by don-viajero | 2012-04-16 18:41 | エッセー | Comments(0)


<< 刻む      梅の魅力 >>