陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 27日

記憶の差し換え

同級会で懐かしいクラスメイトと再会したときの会話や、
いまでも付き合っている旧知の友等との語らいの中で、
同じ体験をしているはずなのに、お互いの過去の記憶が
微妙に異なっているようなケースがたまにある。

たいていの場合は単なる思い違いとして済ませてしまうが、
ひょっとすると、お互いが自分の都合のいい方向に記憶を
改竄(かいざん)しているのではないかと、疑いたくなる
こともしばしば遭遇する。

正直なところ、自分の記憶がどこまで正確なのか100%の
自信はない。人という生き物は、パソコンの「Word」上の
文字を置き換えるように、いとも簡単に自分に都合よく記憶を
差し換えてしまえるものだろうか‥‥?

ある学者によると、記憶には『情報の内容に関する記憶』と、
あたかもテレビなどで見た出来事を、自分が体験したように
思い込んでしまう『情報源に関する記憶』が、それぞれ別物と
して存在しているらしい。連想が働くことで、記憶があとから
操作されてしまう可能性があるというから面白い。

人の記憶なんて、思いのほか脆弱なもののようで、「言った」
「言わない」の口論なんか日常茶飯事だけれど、自分の記憶を
絶対だと思い込んでしまっていると、とんだ赤っ恥をかくことに
なるのかもしれない‥‥。

by don-viajero | 2012-06-27 19:57 | エッセー | Comments(0)


<< Caprice      超短編小説 『非常階段』 >>