陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 02日

擬態

また見てしまった‥‥。と数時間は興奮状態だった。

先日、庭の砕石の上でゆっくり羽を開いたり、閉じたり
している黒い蝶を発見した。
その透けた羽から-ひょっとしたらジャコウアゲハかな?-
とりあえず、急ぎカメラを持ってきて撮影。

ピントなんか気にせず撮ってみた。後ろ羽の赤い斑点、
腹部の特徴的な赤い斑紋がある。ともすればクロアゲハと
見間違えるジャコウアゲハ。
f0140209_2051981.jpg

f0140209_2054511.jpg

ツマグロヒョウモン然り。またしても蝶を追っかけ回っていた
少年時代には、目にすることのなかった蝶に遭遇してしまった‥‥。

夜になり、それでもちょっと疑問点があったのでネットで
よく調べてみた。後ろ羽の赤い斑点の数がおかしい。

なんとこのジャコウアゲハと思い込んでいたものは
「アゲハモドキ」という蛾であることが判明。
これは毒性のあるウマノスズクサを食草としているため、
体内にその毒が蓄積され、鳥などに襲われることの無い
ジャコウアゲハに擬態しているのだ。そのため、蛾であるのに
日中でも飛び回ることが出来る。
f0140209_209128.jpg本物のジャコウアゲハ
この「アゲハモドキ」、小学校時代
買った昆虫図鑑にちゃ~んと鉛筆で
丸印をしてあった‥‥。            

by don-viajero | 2012-07-02 20:13 | エッセー | Comments(0)


<< 大人になる前      自然の摂理 >>